あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】73話あらすじ・ネタバレ【夏油vs甚爾】

呪術廻戦73話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦73話懐玉-玖-(かいぎょく-く-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

五条は、発動中の術式強制解除効果をもつ特級呪具「天逆鉾(あまさかのほこ)」により、喉を貫かれてしまい、そのまま甚爾とうじにメッタ刺しにされてしまいます。

一方、夏油げとう天内あまない薨星宮(こうせいぐう)の本殿に連れて行き、そこで天元てんげんと同化するか、引き返して黒井たちと一緒に帰るか、選択を迫ります。

天内は涙ながらに夏油たちと帰ることを選びますが、その瞬間、甚爾によって頭を撃ち抜かれてしまうのでした。

呪術廻戦72話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】72話あらすじ・ネタバレ【天内の選択】

続きを見る

呪術廻戦73話のあらすじ・ネタバレ

策を練ってきていた甚爾

龍の姿をした呪霊を呼び寄せた夏油を前に、甚爾は自身の策について説明を始めます。

甚爾の策の説明1

  • 薨星宮こうせいぐう忌庫きこは隠す結界であるため、入口に見張りは置けない
  • 扉の位置さえ分かってしまえば警備はザル
  • 今の時期は術師は忙しく、さらに高専には蠅頭ようとうが溢れているため、外はてんやわんや
  • 呪力のない自身は透明人間みたいなもの
  • しかし、呪具を持つとその呪力で透明人間ではなくなってしまう

夏油は話を無視し、龍の呪霊を使って攻撃を仕掛けますが、甚爾は「焦んなよ」と言いながら銃で反撃し、攻撃をあっさりかわしてしまいます。

屋根の上に逃げていた甚爾は、そのまま話を続けます。

甚爾の策の説明2

  • 甚爾は物を格納できる呪霊を飼っており、呪具はその呪霊に入れて持ち歩いている
  • すると今度は、呪霊の呪力で透明人間ではなくなってしまう
  • そこで呪霊に自らの身体を格納させてサイズを小さくし、それを自身の腹の中にしまう
  • これにより、あらゆる呪具を携帯したまま結界を素通りできる
  • はじめの奇襲時に呪具を使用しなかったのは、五条に気付かれる可能性があったため

夏油は話しながら、口から呪霊を吐き出し、その呪霊から呪具を取り出します。

そのまま説明を続けようとした甚爾の言葉を、怒りに震える夏油の「もういい」という言葉がさえぎります。

天与呪縛てんよじゅばくの甚爾は、術師と同様、自身の情報を開示することによって能力が底上げされる、ということを見抜いていました。

何故薨星宮へ続く扉が分かった 私達は毛程けほど残穢ざんえを残さなかった」と問いかける夏油に対し、「人間が残す痕跡こんせきは残穢だけじゃねえ 臭跡 足跡 五感も呪縛で底上げされてんだよ」と答える甚爾。

さらに夏油は、黒井の安否を尋ねますが、「多分死んでる 生かす気も殺す気もなかったけどな 運よきゃ生きてんじゃね?」と冷たくあしらう甚爾に向かい、「そうか やはりオマエは 死ね」と殺意を向けました。

夏油vs甚爾

夏油は再び、龍の姿をした呪霊を使って攻撃しますが、甚爾は呪霊を口から尻尾に向かってビイイイイイイと切り裂き、真っ二つにしてしまいます。

切り裂いた!? 手持ちの呪霊で最高硬度の紅龍だぞ!?」と驚く夏油に、甚爾は「烏合うごうだな」と余裕の笑みを浮かべます。

すると次の瞬間、周囲は暗くなり、女性の姿をした呪霊が甚爾の背後から「ねぇ」と話しかけるのでした。

簡易領域、炸裂!追いつめる夏油

わたし きれい?」と話しかける呪霊を見た甚爾は、呪霊が仮想怨霊であり、質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域を発動された、ということを瞬時に理解します。

ここはあえて 趣味じゃねえ」と甚爾が答えると、その呪霊は手にしていた握りばさみをギギギと握りしめます。

すると、甚爾の耳の根元からツーと血が流れ出し、さらにいくつもの浮遊する握りばさみに取り囲まれてしまいます。

そういう感じね」と相手の術式を理解した甚爾は、天逆鉾で浮遊する握りばさみをすべていなしますが、次の瞬間、背後に手をかざした夏油が現れました。

自身の間合いに入ったことで「終わりだな」とつぶやく甚爾でしたが、夏油が「オマエがな」と言うと、体に巻き付いていた呪霊が夏油に引き寄せられていきます。

それは夏油の呪霊操術じゅれいそうじゅつによるものであり、術師と呪霊との階級換算で2級以上の差があれば無条件で取り込める、という力でした。

夏油、敗れる

夏油はそのまま敵の呪霊を取り込もうとしますが、なぜかはじかれてしまい、逆に甚爾によって胸に大きな傷を負って倒されてしまいます

甚爾は夏油を死なない程度に斬ったと言い、「オマエの死後取り込んでいた呪霊がどうなるか分からん 親に恵まれたな」と 語りかけます。

続けて、倒された天内、夏油、そして五条の姿が映り、「だがそのオマエらが呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと 長生きしたきゃ忘れんな」とつぶやきます。

そしてふと、恵のことを「俺が名付けたんだった」と思い出すのでした。

壊滅したと思われた夏油たちでしたが、殺されたはずの五条の指がピクッと動きました

呪術廻戦73話の登場キャラクター

呪術廻戦73話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

73話登場キャラクター

  • 五条悟(ごじょうさとる)
  • 夏油傑(げとうすぐる)
  • 天内理子(あまないりこ)
  • 禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

呪術廻戦73話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦73話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
夏油傑 呪霊操術「紅龍」じゅれいそうじゅつ「こうりゅう」
夏油傑 呪霊操術「仮想怨霊 簡易領域」じゅれいそうじゅつ「かそうおんりょう かんいりょういき」
禪院甚爾 特級呪具「天逆鉾」とっきゅうじゅぐ「あまさかのほこ」

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-