あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】57話あらすじ・ネタバレ【呪霊達の目的】

呪術廻戦57話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦57話起首雷同-参-(きしゅらいどう-さん-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

伏黒の母校で得た情報を元に、伏黒たちは八十八橋やそはちばしで事件に関係している呪霊を探していました

しかし、どこを探しても見つからず、待っても現れない呪霊に、伏黒たちは諦めかけていました

そこへ、学校にいた伏黒の後輩が、一人の女性を連れてきました

その女性は、後輩の姉であり、伏黒の同級生の藤沼という名の女性でした。

その子は、伏黒たちが、八十八橋で森下の死んだ理由を調査していることを聞き、もしかして自分も関係しているのではないかと思い、相談に来たのでした。

ひとまず話を聞く事にした伏黒達でしたが、内容を聞いて、藤沼の状況が、かなり深刻なことを知らされます

それは、呪霊に殺された被害者達の、何日か前と同じ状況だったのでした。

さらに、藤沼は、伏黒の姉津美紀も一緒にいたというのです。

そのことを聞いた聞いた伏黒は、平静を装いながらも、二人が帰ると急いで補助監督の伊地知へ電話をかけ、津美紀の護衛をお願いするのでした。

電話を終えた伏黒は、呪霊の等級が見直しされたことを理由に、虎杖と釘崎を帰し、自分だけで呪霊を祓おうとします

しかし、伏黒の様子がおかしいことを見抜いていた虎杖と釘崎は、素直には帰らず伏黒の後をつけてきました

伏黒に対し、「せめて頼れよ、友達だろ」と話す虎杖に、根負けしたような表情を浮かべ、素直に頼ることにします。

3人で橋の下を調査していると、一本の小さな川を見つけました。

そして、呪術的な観点から、その川が怪しいと思った三人は、覚悟を決めて川を渡ります

足が小さな川を渡った瞬間、予想した通り呪霊が作り出した結界の中に入っていました。

事件に関係していると思われる呪霊を、見つけた三人でしたが、突然、3人の後ろから一体の呪霊が結界内に現れます

その現れた呪霊は、真人に呪胎九相図じゅたいくそうずを無理やり飲まされ、新たに生まれた呪霊だったのでした。

呪術廻戦57話のあらすじ・ネタバレ

開戦

出典:呪術廻戦57話より

虎杖と、呪胎九相図飲み込んだ呪霊との戦いが始まりました。

その呪霊は、口を膨らませ、虎杖に向かって血を吐き出しました

虎杖は、ジャンプして避け、隙をついて呪霊に攻撃をしますが、片腕をつかまれてしまいます

呪霊が「つかまえた」と言いますが、虎杖は冷静に、もう片方の腕をつかみ、呪霊の顔面にドロップキックを入れました

顔面に食らった呪霊は、あまりの威力に吹き飛びます。

虎杖は、呪霊の吐いた血に毒が混じっているかもしれないと、予想しながら戦えるほど、冷静でした。

そして、攻撃を受けた呪霊が「強いな、たのしくないな」という程、力の差がありました。

連れ去られた釘崎

出典:呪術廻戦57話より

一方で、伏黒と釘崎今回の原因とされる呪霊と戦っていました。

その呪霊は素早く、結界内にある穴をモグラのように移動し、こちらの攻撃をかわします

そのため、伏黒と釘崎は、ある作戦を立てます。

それは、移動する穴を破壊し続けて、移動できる穴を無くすことで、本体にトドメをさすという作戦でした。

当初は呪霊の強さがわからないため、不安視していましたが、術式範囲や結界が広い代わりに本体にほとんど力はなく祓うのは時間の問題でした。

伏黒は、おそらく今回の相手で厄介なのは虎杖の方だと考えます。

しかし次の瞬間、隣の釘崎の背後から急に手が出てきます

そして、その手は釘崎を捕まえると、出てきた穴に釘崎ごと引き込んでいきます。

伏黒が、慌てて手を伸ばしますが、釘崎は、

問題ない、あんたはモグラを叩け

と言い残し、穴に消えていきました

追いかける虎杖

出典:呪術廻戦57話より

虎杖と戦っていた呪霊は、釘崎が引きずり込まれた穴を見て、「なんだぁ?兄者か??」と言い残すと、自分もその穴に向かって駆けていきました

穴に入っていった呪霊を見て、逃げたのかと勘違いしそうになる虎杖に、伏黒が大声で、「そのまま追え」と言います。

虎杖に、釘崎が連れ去られ、呪霊達が結界の外に出たことを教え、予想以上に奴らは厄介かもしれないため、釘崎が優先だと伝えました。

それを聞いて、伏黒を心配しつつ、虎杖も結界に空いた穴に入っていくのでした。

新たな敵

出典:呪術廻戦57話より

何者かに、結界から引っ張りだされる釘崎でしたが、目の前に立っていたのは、変な服装をした中性的な男でした。

その男は、「失礼」と謝りながらも、我々のお使いの中に呪術師殺しは含まれていないため、引けば見逃すと言います。

なんのことかわからない表情をした釘崎に、男は言いました。

てっきり同じお遣いかと・・

技ありの伏黒

出典:呪術廻戦57話より

伏黒は、モグラのような呪霊を追い詰めていました

攻撃は当たらないのですが、動きが単調で、呪霊の回避するパターンがわかり始めていました。

伏黒は、それを理解したうえで、攻撃を出します。

攻撃を避け、ニヤっと笑う呪霊でしたが、その背後には、伏黒が呼び出した玉犬・渾がいました。

その呪霊は、玉犬・渾の爪で切り裂かれたのでした。

まさかの展開

出典:呪術廻戦57話より

呪霊を倒した伏黒でしたが、なぜか結界は消えませんでした

おかしいと思った伏黒の目の前に、先ほど倒した呪霊が使っていた穴の一つから何かが出てきます

出てきたのは、見覚えのある人形の呪霊でした。

それは、以前に少年院で出会った宿儺の指によって生まれた特級呪霊の姿です。

その呪霊を見た瞬間、伏黒はこの事件がどうして急に起こり始めたのか気づきました。

最初の被害者が6月に殺された頃、起こった事と言えば、虎杖が宿儺の指を飲み込み、宿儺が復活した時期と重なります。

驚きを隠せない伏黒、そして、結界の外に出された釘崎は、目の前の中性的な男から、お遣いとは

宿儺の指の回収ですよ

と、あの場所に宿儺の指があることを、告げられるのでした。

呪術廻戦57話の登場キャラクター

呪術廻戦56話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

57話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
  • 事件の呪霊(じけんのじゅれい)
  • 呪胎九相図の呪霊(じゅたいくそうずのじゅれい)
  • 中性的な男(ちゅうせいてきなおとこ)

呪術廻戦57話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦57話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
使用者の名前 呪術名ふりがな
伏黒恵 玉犬・渾ぎょっけん・こん
釘崎野薔薇 芻霊呪法・共鳴りすうれいじゅほう・ともなり

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-