あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】38話あらすじ・ネタバレ【メカ丸VSパンダ】

呪術廻戦38話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦38話京都姉妹校交流会-団体戦⑤-(きょうとしまいこうこうりゅうかい-だんたいせん⑤-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

東堂との戦いで確実に成長をしている虎杖でしたが、東堂はそれでは満足できませんでした。

東堂は逕庭拳の呪力の遅れは、呪力を流しているからだと教えます。

東堂から、ヒントを得て、虎杖は更なる高みを目指し、東堂と戦います。

釘崎は西宮を煽って怒らせた瞬間、隣にいたパンダがメカ丸に狙撃されてしまいます。

パンダはその後、すぐに立ち上がり、メカ丸との戦闘が始まるのでした。

呪術廻戦38話のあらすじ・ネタバレ

メカ丸の正体

パンダとの戦闘にてメカ丸の正体が明らかになりました。

パンダが「ま、仲良くやろうぜ。呪骸同士」といったパンダを、別の場所から見ている人間がいました。

多くの点滴と管に囲まれ、右腕は無く、皮膚はただれているようで、包帯で全身を包んでいる人間が、メカ丸本体だったのです。

メカ丸は、「人形風情が、知った口を・・・!」と、右腕を変形させて、「絶技抉剔(ウルトラスピン)」をパンダに与えようとしますが、躱されます。

しかし、周りの木々が倒れる凄まじい威力であることが分かります。

メカ丸は準1級術師

パンダは、さっさと片付けて、なんなら放っておいて、釘崎に加勢したいと思い、「オマエ強いな何級だ?」と、メカ丸の情報を得ようと問いかけます。

パンダは、メカ丸は2級から3級の間ではないかと予想します。

しかし「対呪霊の格付けが、今必要だとは思えんガ、教えてやル、準1級ダ」と狗巻や加茂と同じ等級と言うことが判明し、自分より上であることにパンダは驚きます。

そして、メカ丸は「大祓砲(ウルトラキャノン)」を左手から発射します。

パンダは攻撃範囲の広いこの攻撃を、呪力をめて防御するのでした。

呪骸の心臓【核】

大祓砲を放った後、メカ丸の左腕は放熱のために腕が変形します。

パンダは「放熱!タメも残しもデカい技だな」と思う一方、メカ丸は「この出力では核をピンポイントで捉えなければ、無意味カ!」とパンダの核を狙っていることが分かりました。

呪骸】とは内側に呪力をと宿し、自立可能な無生物の総称を言います。

人工的な呪骸には心臓となる【】が存在します。

パンダは、傀儡(かいらく)呪術学の第一人者、夜蛾学長の最高傑作として、感情を持って生まれた【突然変異呪骸】だったのです。

天与呪縛の縛りを受けるメカ丸

パンダは、メカ丸に対して、

オマエは呪骸じゃなくて、本体の術師が別の所で遠隔操作してる感じか

オマエの呪力出力からして、本体もそう遠くにはいないよな。いや、ギリ場外か、そうなると捜しても意味ないか。やっぱオマエ、ブッ壊すか

とメカ丸の本体について考えて言いました。

メカ丸はパンダのその考えに、「どちらも叶わんサ。【天与呪縛】知ってるカ?」とパンダに問いかけます。

天与呪縛とメカ丸の身体

  • 天与呪縛とは、生まれながら肉体に強制された【縛り】のこと
  • メカ丸は生まれつき右腕と膝から下の肉体と、腰から下の感覚がない
  • メカ丸の肌は、月明かりにも焼かれるほど脆い
  • 常に全身の毛穴から針を刺されたように痛む

しかし、その代償にメカ丸は、

  • 【広大な術式範囲】
  • 【実力以上の呪力出力】

を与えられたのです。

この天与呪縛を与えられたメカ丸は、「望んで手に入れた力じゃない。術式を差し出し、肉体が戻るのであれば、喜んでそうするさ」と、肉体を取り戻したいと強く願っていました。

メカ丸は、パンダに対し「俺はナ、人間(オレ)を差し置いテ、呪骸のオマエが、のうのうと日の下を歩いているのガ、どうしようもなク、我慢ならんのダ」と強い妬みに近い感情を持っていたのでした。

メカ丸は口元を変形させ、砲呪強化形態(モード・アルバトロス)「三重大祓砲(アルティメットキャノン)」を放ちます。

この攻撃の呪力量が多いことに、パンダは気づきます。

しかし、射線上に釘崎がいるため、避けることはせず、正面で受け止めることにしたのです。

パンダ【ゴリラモード】

三重大祓砲(アルティメットキャノン)」は周りの多くの木々もなぎ倒す威力でした。

パンダに対しメカ丸は「死んだカ・・・いや、死という概念さエ、オマエには相応しくないナ」とかかとひるがえし、その場を立ち去ろうとしました。

しかし、背後から「不幸自慢ついでに、術式情報小出しにしたわけだ。なかなか術師だな」とパンダの声がしました。

生きていたことに、メカ丸は驚き、振り返るとそこには、パンダの姿からゴリラのような容姿の【ゴリラモード】になったパンダがいました。

その変形したパンダにメカ丸も「なんだその姿ハ・・・!」と驚き、さらに二人は戦うのでした。

呪術廻戦38話の登場キャラクター

呪術廻戦38話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

38話登場キャラクター

  • パンダ(ぱんだ)
  • 究極メカ丸(あるてぃめっとめかまる)
  • 夜蛾正道(やがまさみち)

呪術廻戦38話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦38話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
究極メカ丸 絶技抉剔ウルトラスピン
究極メカ丸 大祓砲ウルトラキャノン
究極メカ丸 砲呪強化形態「三重大祓砲」モード・アルバトロス「アルティメットキャノン」
パンダ ゴリラモードごりらもーど

次回のあらすじ

呪術廻戦39話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】39話あらすじ・ネタバレ【パンダ勝利】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ