あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】32話あらすじ・ネタバレ【虎杖合流!】

呪術廻戦32話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦32話反省(はんせい)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

宿儺の一撃により、追い詰められた真人に虎杖は攻撃しますが、逃げられてしまいます。

真人は、宿儺の魂の格の違いに「宿儺さえ復活すれば呪いの時代がくる」と確信するも、虎杖を殺したいと矛盾した、もどかしい気持ちになってしまいます。

虎杖は、七海に「正しい死」について聞きますが、答えは見つかりませんでした。

七海は出会った当初虎杖を呪術師と認めていませんでしたが、「虎杖君は、もう呪術師なんですから」と呪術師として認めてくれたのです。

正しい死に様なんて分かりゃしない、ならせめて、分かるまで、アイツを殺すまで、俺はもう負けない」と虎杖は前を向いて歩いていくのでした。

呪術廻戦32話のあらすじ・ネタバレ

夏油達の計画

温泉のある山奥に呪力回復のために、漏瑚(じょうご)がいました。

そこへ夏油(げとう)と真人が現れ、真人は温泉に浸かります。

真人は今回、宿儺(すくな)と虎杖は天敵と捉えた上で、「人質とってハッキリ【縛り】作らせるべきじゃなかった?」と夏油達に聞きます。

夏油は「縛りはあくまで自分が自分に科すものだ。他社の介入や他者間との縛りは簡単ではないよ」と真人に教えます。

真人は漏瑚に「夏油のプランを軸に進めていいと思う」と言います。

漏瑚は「指を全て集め、宿儺に献上するか・・・結果儂らが全滅してもだな」と笑って答えます。

漏瑚は続けて「100年後の荒野で笑うのは、儂である必要はない。呪いが人として立っていればそれでいい」と真人の提案に賛成します。

夏油は、高専が保有する【宿儺の指6本】を回収することを提案します。

漏瑚はその回収が必要なことか疑問を抱きますが、夏油は高専上層部は、虎杖の器としての強度を図りかねていると言いました。

例外(五条悟が勝手に取り込ませること)を除いて、高専上層部が虎杖に宿儺の指を取り込ませるのは、すべての指が揃ってから、最悪虎杖が上層部に消される可能性があり、それは待てないと夏油は漏瑚に伝えます。

そして夏油は「手は打ってある。そのために手持ちの指を高専に回収させたんだから」と次に狙うは高専の保有する宿儺の指だと判明しました。

五条悟のサプライズ計画

五条と七海が高専で寛いでいると、五条は廃棄のおにぎりでキャッチボールしようと言ったり、五条悟の好きなところで山手線ゲームをしよう、と提案するなど陽気に振舞っています。

そんな五条を見て七海は「その調子で頼みますよ。今の虎杖君には、そういう馬鹿さが、必要ですから」と虎杖を気遣います。

五条は虎杖に以前、「重めの任務をこなしてもらう」といったことに対して「重めってそういう意味じゃなかったんだけどなぁ」と言います。

その後五条は、吉野順平の自宅に宿儺の指があったことを、虎杖に伝えたか七海に聞きますが、「言っていません。彼の場合不要な責任を感じるでしょう」と五条に伝えます。

七海の対応に対して「オマエに任せて良かったよ」と五条が七海を信頼していることがわかります。

七海は回収した指は高専に提出したことを伝え、「アナタに渡すと虎杖君に食べさせるでしょ」と伝えると五条は舌打ちをしました。

その時、虎杖が二人の前に現れました。

虎杖はみんなの所に行くことが楽しみで目を輝かせて、五条の所に行きます。

そんな虎杖を見て、五条は普通に登場するのは面白くないと、【サプライズ】を提案し、虎杖もサプライズを受け入れます。

サプライズに盛り上がる二人に、七海は「生きてるだけでサプライズでしょうに」と呟くのでした。

京都校登場!

交流戦当日、大荷物をもった釘崎が、手ぶらのメンバーを見てびっくりします。

釘崎は京都に行き、交流会が開催されると勘違いしていたのです。

昨年は、東京校が勝利したため、今年は東京校で開催されることをパンダが教えました。

また去年は、乙骨憂太が参加し、圧勝だったとのことです。

そして、ついに京都校6名が登場します。

京都校は

  • 加茂憲紀(3年)
  • 西宮桃(3年)
  • 東堂葵(3年)
  • 究極(アルティメット)メカ丸(2年)
  • 禪院真依(2年)
  • 三輪霞(2年)

が登場します。

登場早々、メカ丸が「乙骨がいないのはいいとして、1年2人はハンデが過ぎないか?」と東京校のメンバー編成に疑問を抱きます。

しかし、「術師に歳は関係ないよ。特に伏黒君、彼は禪院家の血筋だが、宗家より余程出来がいい」と加茂が禪院真依を見ながら言い、真依は舌打ちをします。

登場序盤では京都校に、仲のいい雰囲気はありません。

引率は準1級術師の庵歌姫(いおりうたひめ)が、喧嘩を宥めながら、「あの馬鹿は?」と聞いてきます。

東京校は、その馬鹿が五条と悟り、来ていないことを伝えます。

サプライズ失敗

おまたー!」と五条は大きな荷物を載せた台車を押して勢いよく登場します。

五条は急に語り始めて、「私出張で海外に行ってましてね。はいお土産」と京都校の生徒に【とある部族のお守り】と言って人形を全員に渡します。

歌姫にはないよ」という五条に庵は怒って「いらねぇよ!」と言います。

そして東京校の生徒の方を振り返り、ハイテンションで「東京校の皆にはこちら!」といった瞬間大きな箱が勢いよく開きます。

故人の虎杖悠仁君でぇーっす!」と五条が言えば「はい!おっぱっぴー!」と虎杖がポーズを決めて明るく登場します。

しかし伏黒、釘崎、パンダは顔を歪ませており、全く嬉しそうではありません。

虎杖もこの状況に驚き、京都校の方を気にしますが、五条が渡した人形に夢中で虎杖の存在に見向きもしません。

虎杖は困惑し動けません。

サプライズは失敗してしまいます。

その中一番驚いていたのは京都校の楽巌寺(がくがんじ)学長でした。

驚く楽巌寺校長を見て「いやー良かった良かった。びっくりして死んじゃったらどうしようかと、心配しましたよ」と笑う五条は挑発的です。

楽巖寺学長は「糞餓鬼が」と怒りを露わにするのでした。

虎杖合流!

虎杖の元に伏黒と釘崎が来ます。

釘崎は虎杖が入っていた箱を蹴り「何か言うことあんだろ」と目に涙を浮かべながら虎杖に問いました。

釘崎のその姿に伏黒も少し驚いている様でした。

虎杖も目に涙を浮かべて「黙っててすんませんでした。生きてること」と謝罪しました。

ようやく虎杖、合流します!

呪術廻戦32話の登場キャラクター

呪術廻戦32話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

32話登場キャラクター

  • 漏瑚(じょうご)
  • 夏油傑(げとうすぐる)
  • 真人(まひと)
  • 五条悟(ごじょうさとる)
  • 七海健人(ななみけんと)
  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • パンダ(ぱんだ)
  • 狗巻棘(いぬまきとげ)
  • 乙骨憂太(おっこつゆうた)
  • 東堂葵(とうどうあおい)
  • 加茂憲紀(かものりとし)
  • 究極メカ丸(あるてぃめっとめかまる)
  • 西宮桃(にしみやもも)
  • 禪院真依(ぜんいんまい)
  • 三輪霞(みわかすみ)
  • 庵歌姫(いおりうたひめ)
  • 楽巖時嘉伸(がくがんじよしのぶ)
  • 夜蛾正道(やがまさみち)

次回のあらすじ

呪術廻戦33話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】33話あらすじ・ネタバレ【交流会作戦会議】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-