あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】31話あらすじ・ネタバレ【虎杖が七海に呪術師と認められる】

呪術廻戦31話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦31話また明日(またあした)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

七海は、サラリーマン時代のことを思い出します。

七海がいつも行くパン屋の女性店員の肩に、蠅頭(ようとう)が憑りついていました。

しかし七海は、そのまま様子を見ることにします。

その後パン屋に行くと店員は、肩が重く眠りも浅いと蠅頭の影響が出ており、七海は一撃で蠅頭を祓ってしまいます。

女性店員に、大きな声で感謝され、【生き甲斐】とは無縁だと思っていた七海でしたが、五条悟に連絡し呪術師に戻ることを決めるのでした。

七海の所へ行くために、虎杖は結界を破り、領域内に侵入します。

虎杖の裡(うち)には触れてはいけない魂、宿儺がいます。

宿儺は「二度はない」と一撃を真人に与えるのでした。

呪術廻戦30話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】30話あらすじ・ネタバレ【七海のサラリーマン時代】

続きを見る

呪術廻戦31話のあらすじ・ネタバレ

真人逃亡

一瞬で真人が倒れたことにより、虎杖は攻撃を与えようと駆けだします。

領域展開は切り札であり、最終奥義のため呪力消費量が多く、真人は呪力があまり残っていません。

絞り出せ!最後の呪力を!」と真人は体を巨大化させます。

的が大きく、呪力の流れも凪いでいるためカウンターはないと踏んだ虎杖は【透明な殺意】を拳に纏わせて「逕庭拳」を真人に一撃入れます。

すると真人は風船のように弾けて消えてしまいした。

虎杖も手ごたえの無さに戸惑います。

真人は排水溝に姿を変えて入り込んで逃亡します。

七海は走って追いかけますが、捕らえることはできませんでした。

七海は二級呪術師の伊野に連絡し祓うように伝え、虎杖も一緒に追うようにと振り返りましたが、虎杖は体が動かせず、倒れていました。

宿儺の魂の格

一方真人は、地下の排水溝に逃げ、宿儺は漏瑚より呪力の総量は劣るが、存在感、「魂の格が違う」と感じていました。

「俺たちが全滅しても宿儺さえ復活すれば呪いの時代がくる」と真人は確信します。

しかし、真人は「虎杖悠仁を殺したい」と矛盾する感情を抱えもどかしく思ってしまいます。

肉体と違って魂は何度でも殺せる」と真人は考えるのでした。

七海に呪術師と認められた虎杖

高専内の死体安置所に虎杖は行き、七海に会います。

七海は、真人の術式は他人の魂に干渉するため、虎杖が領域に侵入したことで、宿儺の逆鱗(たましい)に触れてしまったのではないかと伝えます。

虎杖は宿儺とは変わっていないと言いましたが、七海は「宿儺が出たのではなく、奴が入ったんです」と真人が虎杖の魂に触れたことを伝えます。

虎杖はそのことに「助けたのは俺じゃない。コイツの気まぐれだ」と七海に答えました。

その後「俺は今日人を殺したよ」と改造人間三体を殺したことを七海に言います。

虎杖は人に正しく死んでほしいと願い、引金を相手に引かせないことばかり考えていました。

しかし今回、虎杖自身が引金を引き、殺したことで正しい死がわからなくなり、「正しい死って何?」と七海に問いかけます。

七海もわからないと答え、「死は万人の終着であるが、同じ死は存在しないこと、それらを全て正しく導くことはおすすめしない」、と虎杖に言います。

しかし、七海は「などと言っても、君はやるのでしょうね

君がいなければ私が死んでいたように、君を必要とする人がこれから大勢現れる」と虎杖に背を向けながら「虎杖君はもう呪術師なんですから」と伝えます。

初めて会ったときは虎杖を「呪術師として認めていない」と言っていた七海が虎杖を認めてくれたのです。

その言葉に虎杖は泣きそうな表情をします。

吉野順平の高校のその後

吉野順平が在籍していた高校では【いじめに関するアンケート】が行われていました。

女生徒は吉野が伊藤にいじめられているところを目撃していました。

別室では外村先生と傷だらけの伊藤が面談をしています。

外村先生は伊藤に吉野の傷のことを聞きますが、伊藤は「ブルってなんもできなかった人にあーだこーだ言われたくない」とそっぽを向きました。

そして吉野順平は死亡ではなく引っ越したことになっていました。

また伊藤は、吉野の術式【澱月(おりづき)】によって攻撃を受けた左腕が、まともに動かないことを伝えます。

しかし外村先生は「今聞いているのは罪の話だ。お前に下った罰については一人で噛み締めろ」といい伊藤は先生の罰について聞きます。

外村先生は、見えてなかったものをちゃんと見ること、吉野順平の心を殺した罪を一生背負って生きていくことを伝えると「見てるからな伊藤」と強く伊藤に訴えかけるのでした。

虎杖の覚悟

「正しい死に様なんてわかりゃしない。ならせめて、分かるまで、アイツを殺すまで、もう俺は負けない」と虎杖は廊下で待っている五条と七海のところまで歩いていきます。

その表情は覚悟を決めた迷いのない表情でした。

呪術廻戦31話の登場キャラクター

呪術廻戦31話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

31話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 七海健人(ななみけんと)
  • 真人(まひと)
  • 両面宿儺(りょうめんすくな)
  • 吉野順平(よしのじゅんぺい)
  • 女生徒(じょせいと)
  • 外村(そとむら)
  • 伊藤(いとう)
  • 五条悟(ごじょうさとる)

呪術廻戦31話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦31話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
虎杖悠仁 逕庭拳けいていけん

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-