あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】155話あらすじ・ネタバレ【秤の信条と思惑】

【呪術廻戦】155話あらすじ・ネタバレ【秤の信条と思惑】

呪術廻戦155話熱(ねつ)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦154話より

虎杖(いたどり)秤(はかり)を説得しやすいように、アジトを密かに制圧する伏黒(ふしぐろ)とパンダ

しかし、屋上にたどり着いたところで、秤の同級生である星綺羅羅(ほしきらら)と遭遇してしまいます。

伏黒達のことを、秤を狙ってやって来たと勘違いし、術式を発動する星

伏黒とパンダは星を説得しようと試みますが、星の術式によって翻弄され、近づくことができません

一方、トーナメントを優勝した虎杖は、遂に秤と対面します

そこでから、とある質問が投げかけられるのでした。

呪術廻戦155話のあらすじ・ネタバレ

秤の語る「熱」

出典:呪術廻戦155話より

遂に秤と対面した虎杖

秤は虎杖に対して、「1日1時間あることをするだけで月収100万円に…!って言われて信じるか?」と質問をします

突然の質問に虎杖は、「それは『あること』次第だろ」と困惑しながらも返答します

秤は更に、「だがその『あること』を知るには20万の情報商材を買わなきゃならん」と言います。

えぇ…それは信じらんないなぁ」と答える虎杖。

秤は「そう、オマエが感じた通りこれは典型的な詐欺だ」と話し、以下のことを言います。

  • 騙す側は金持ちを装って金持ちの成り方を売り、金を手に入れる
  • 普通に考えれば分かることだが騙されるアホはアホ程いる

騙される人間がいるのは何故か、それは全て「熱」のせいだと言う秤

秤の言う「熱」

  • 騙す側も騙される側も持っている「ここで人生を変えてやろう」という「熱」
  • 「熱」に浮かされて人は判断を誤る
  • しかし「熱」がなければ人は恋1つできない

俺は『熱』を愛している」と話す秤。

秤の目的

よりダイレクトな「熱」のやりとりとは何か、と虎杖に尋ねる秤

……賭け?」と答えた虎杖に、秤は笑いながら「やっぱりオマエは分かってる」と言います。

生きることはギャンブルだ」と言い切る秤。

賭け事を嫌悪(けんお)して俺をフッた女は山程いるが、奴らは根本を間違えている」とし、以下のことを言います。

  • この社会は大きく張れない奴と引き際を知らない奴から振り落とされる
  • ギャンブルをしていない人間なんていない
  • 奴らが憎んでいるのは賭け事ではなく、「敗北」と「破滅」

自身が考える理論を伝える秤。

虎杖は、「できるだけ穏やかに暮らしたい人もいるんじゃ…?」と言いますが、「んな奴知らないね」とバッサリと秤に切られます

出典:呪術廻戦155話より

賭け試合でこの国の「熱」を支配したいと語る秤は、呪霊の存在が公表された今が事業拡大のチャンスだとします。

秤の目的は、「きたる呪術規定の改定に乗じて賭け試合の存在を公(おおやけ)に認めさせる」ことでした。

そのためには優秀な駒(こま)が要るとし、「俺の『熱』に浮かされてみないか?」と虎杖に誘いをかけるのでした

激突する秤と虎杖

事前に伏黒から受けた指示に従って、慎重に口を開く虎杖

秤に対して「胴元、相談が」と話しかけようとしたその時、秤の端末に着信が入ります

数回かかって切れた着信のその発信元を見て、何か考える秤

虎杖に対して「何か飲むか?」とグラスを取り出します。

あ、じゃあ適当に、酒以外で」と床に座りながら虎杖もグラスを受け取ります。

酒に弱いのかと尋ねる秤に、「強い弱い以前に未成年」と答える虎杖。

グラスに飲み物を注ぎながら、秤は「知ってるか?五条悟(ごじょうさとる)も下戸(げこ)なんだ」と話しかけます。

身分を隠している虎杖は、「五条って誰?」とあえて知らないフリをします

しかし、「五条悟を知らない術師がいるかよ」「なんで知らないフリした?」と逆に秤に突っ込まれてしまい、自身の失言に気づきます

オマエ、高専の回しもんか?」と尋ねられ、慌てて「聞いて!」と声を上げる虎杖

出典:呪術廻戦155話より

秤が術式を発動し、ドアのようなものが現れます。

勢い良く体をはさもうとするドアを、寸でのところで飛び上がって避ける虎杖

秤を止めようとしますが、蹴りを食らい後退します

更に、今度は上下に現れたドアに首を挟まれ拘束されてしまいます

綺羅羅(きらら)からのTEL番での着信はな、異常事態の合図なんだよ」と言い、虎杖の顔面を殴り、蹴り上げる秤

虎杖は制止しようにも、声をかける間もなく攻撃が浴びせられます

伏黒から言われた「俺達はあくまで秤さんに協力をお願いしに来ている立場だ」という言葉が、脳内をよぎる虎杖

しかし遂に秤の襟元に手を伸ばし、強烈な頭突きを食らわせます

出典:呪術廻戦155話より

聞けよ…!」とキレる虎杖に対して、秤も「やだね、冷めちまってるからな…!」と叫ぶのでした。

秤と星の立場

一方、モニタールームの外対峙する伏黒達

伏黒とパンダに挟まれたは、秤の元へ行けず立ち止まります

その隙に、伏黒は星を説得するため俺達は今、正確には高専側ではありません!」と呼びかけます。

  • 各地で発生してる結界も無関係ではない
  • 未曾有(みぞう)の呪術テロがあった
  • 秤の協力が必要

上記のことを叫ぶ伏黒。

しかし、星は「そっちが先に私達をハブったじゃん、自業自得(じごうじとく)でしょ」と、はねつけます。

伏黒は、上層部と何があったのか尋ねます。

それにパンダが「保守派と揉めたんだ」と答えます。

更に、以下のことを言います。

  • 保守派には「呪術とはこうあるべき」という思想がある
  • 釘崎の術式なんかが保守派が好む呪術
  • 「呪いのビデオ」のように、新しい技術と絡んだ呪術が術式にまで及(およ)ぶと保守派はうるさい

出典:呪術廻戦155話より

秤の術式は、上層部が嫌う術式の例だと言う星。

五条悟がいるのに「私らに頼る意味が分かんない」と言い、「頼ってきたのは噓で、他に目的があるって考えるのが普通じゃない?
と話します。

再度動き出す伏黒

伏黒は、「五条先生は封印されました」「だから負けたんです」と正直に答えます

その言葉を聞いて、きょとんとする星

全く信じていない様子の星を見て、パンダは「まあ気持ちは分かるけど」とため息をつきます。

伏黒は、星が一番秤に近しい人物であり、星を説得できれば秤との交渉が楽に進むと考え、印を組みます

出典:呪術廻戦155話より

大量に出現する『脱兎(だっと)』の群れ。

説得するためにも、星の術式攻略に挑むのでした

呪術廻戦155話の登場キャラクター

呪術廻戦155話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

155話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • パンダ
  • 秤金次(はかりきんじ)
  • 星綺羅羅(ほしきらら)

呪術廻戦155話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦155話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
伏黒恵 十種影法術とくさのかげぼうじゅつ

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ