あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】153話あらすじ・ネタバレ【東京校3年・秤金次(はかりきんじ)登場】

【呪術廻戦】153話「賭け試合」

呪術廻戦153話賭け試合(かけじあい)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦152話より

炳(へい)」の筆頭である禪院直哉(ぜんいんなおや)を倒した真希

そして次々に禪院家(ぜんいんけ)の者達を殺害し、自身の母親をも手にかけます。

首を切られ、瀕死の状態の真希の母親は、同じく重症を負っていた直哉を刃物で刺し、息絶えるのでした

禪院家を後にした真希は、真依の遺体を京都校の西宮桃(にしみやもも)に託します。

これからどうするの」と西宮に尋ねられた真希は、無言でその場から姿を消します

その後、禪院家は「御三家(ごさんけ)」から除名するよう五条家(ごじょうけ)と加茂家(かもけ)に提言され、呪術総監部はこれを一旦保留とするのでした

呪術廻戦153話のあらすじ・ネタバレ

秤の居場所

出典:呪術廻戦153話より

死滅回游(しめつかいゆう)」の平定に向けて、戦力を増やしておきたい虎杖(いたどり)達

現在停学中の東京校3年・秤金次(はかりきんじ)の居場所を、天元(てんげん)から聞き出します。

秤の現在

  • 栃木県の立体駐車場跡地で賭け試合の胴元(どうもと)をして金を稼いでいる
  • 賭け試合の内容は、術師同士の殴り合い
  • 客は基本的に非術師

秤が、呪術規定8条の「秘密」に抵触していると知る伏黒(ふしぐろ)。

天元は、「賭け試合の参加者の中には呪詛師(じゅそし)もいるだろう」と話し、用心するように伝えます

天元の情報をもとに、虎杖と伏黒は栃木県へ向かうのでした

賭け試合会場へ潜入する虎杖達

賭け試合会場へ潜入する前に、虎杖達は制服を脱いで別の服へと着替えます

何で着がえんの?」と聞く虎杖に対して、伏黒は以下のことを言います。

  • 秤は上とモメて停学をくらっている
  • 呪術規定も現在進行形で破っている
  • 高専関係者だとバレたら逃げられるかもしれない

そもそも秤が協力してくれるような人なのか、伏黒に尋ねる虎杖。

伏黒も「どうだろうな」と話し、秤のことを先輩達はみんなろくでなしって言ってると続けます。

しかし、「あの乙骨先輩が自分より強いって言ってるんだ」と言い、「戦力として絶対欲しい」と話します。

立体駐車場に着いた虎杖達。

入り口へと向かうとそこには2人の男性がいました。

バウンサーのような体格の良い男性が、「帰れガキんちょ」と虎杖達に言います。

そして「一二の三で回れ右だ、それ以外の選択肢は俺に殴られる」と脅しながら近づいてきます

男性の言葉を無視し、伏黒は「金がいる、ここでやってる賭け試合に出場させてくれ」と話します。

拳を振りかぶり、伏黒の顔面を殴ろうとする男性

鼻先で止まった拳を前に、伏黒はまったく動じません

出典:呪術廻戦153話より

賭け試合について口にしてはならないというルールがあると話す男性は、「誰に聞いた」と伏黒に言います。

名前は知らない」と答える伏黒は、更に「殺したから」と淡々と噓をつきます

男性達は、確かに一月前にコンドーという人物が消えたと認識していました。

確証はないながらも伏黒の話を聞き、もう一人のスーツを着た男性が秤へと連絡します

その様子を見た虎杖は、「そっか、いきなり会わせてくれって言ったら警戒されるか」「秤って名前も知ってちゃダメか」と思い、この場では自身は黙っておくことにします

秤へと連絡していた男性が、「胴元からお許しが出た」と伝え、以下のことを話します。

  • 今日のシード枠にそいつ(虎杖)を当てる
  • 伏黒は胴元が「食えねぇ」と話したので出場できない
  • 嫌ならこの話はなし

急遽賭け試合に出場することとなった虎杖

それを聞いた伏黒は「分かった、それでいい」と了承するのでした。

伏黒の作戦

一旦試合会場から離れた虎杖達は、今後について話し合います。

立体駐車場の入り口に、防犯カメラがあったことを視認していた虎杖ら。

防犯カメラから自分達を見ていたなら、「高確率で秤先輩はあそこにいる」と確信する虎杖。

伏黒は、「虎杖は試合に出場して内側から探りを入れてくれ」と頼みます。

俺もその間に潜入する……かも」と話し、以下のことを言います。

  • 俺は多分泳がされてる
  • 俺の侵入がバレた時点で虎杖への信用も0からマイナスになって、秤さんと接触する機会もなくなる
  • 俺達はあくまで秤さんに協力をお願いしに来ている立場
  • 力尽くは本当の最終手段

現時刻は10日の17時、死滅回游の宣誓(せんせい)期限まで残り9日間とされ、津美紀(つみき)のためにも時間を無駄にしたくない伏黒

自身も今晩潜入して秤を探ることにするのでした

出典:呪術廻戦153話より

明かされる意外な対戦相手

時間になり、再び立体駐車場に訪れた虎杖は、試合に出場する前に先ほどの男性からルールを教わります

賭け試合のルール

  • 逃げるな
  • 術式は使うな

ルールは上記2つあり、その訳を以下のように話します。

  • 客はほとんど非術師なので、術式が見えない
  • 見えない勝負をされても盛り上がらない
  • 賭け試合はビジネスなので客が見える範囲で戦え

胴元(ボス)ってどんな人?」と尋ねる虎杖に、男性は「会えば分かるさ」と言い、更に「試合には2種類ある」と話します。

出典:呪術廻戦153話より

秤に会うためにも、「要は、派手に暴れりゃいいわけだ」と試合に意気込む虎杖。

男性に案内され、試合会場に到着します

そこはひらけた駐車場で天井部分が崩れており、上階からは数多くの観客が虎杖達を見下ろしています。

そしてアレがオマエの対戦相手だ」と男性に対戦相手を示された虎杖は、相手を見て驚き、その後「正に客寄せってわけだ」と笑います。

そこに蝶ネクタイを着けた男性実況者が現れ、大声で両者を紹介します

出典:呪術廻戦153話より

虎杖の対戦相手は、東京校2年のパンダでした

始まる賭け試合

始まった試合をモニター越しに監視する2人の男女

東京校3年の秤金次(はかりきんじ)と、同じく3年の星綺羅羅(ほしきらら)でした。

……熱が引いていくのが分かるぜ」と話す秤に寄り添う星が「どうして金(きん)ちゃん」と尋ねます。

  • 「運」ってのは試されてナンボ
  • 初めから勝ちが見えてる賭けはつまらん
  • 野良術師でパンダに勝てる骨太なんてそういねぇからな

そう話し、ソファにのけぞる秤。

しかし、試合を見ていた星の「そうでもないみたい」という言葉に「あん!?」と反応します。

出典:呪術廻戦153話より

激しく打ち合う虎杖とパンダ

実況も白熱します。

パンダは、虎杖と打ち合いながらもこっそりと話し合います

  • パンダは秤と知った仲ではあるが避けられている
  • もう1人の3年生の術式が問題

そう教えられた虎杖は、パンダの指示通りに強烈なパンチを打ち込みます

ぐあっ!!なんてパンチだ!!」「これは動物愛護団体が黙ってないぞ!!」と大げさに叫び、倒れこむパンダ

パンダはわざと虎杖に負けたのでした

虎杖が勝利し、盛り上がる会場

秤の思惑

秤は会場にいるスタッフに、「虎杖を屋上に上げろ」と電話で連絡します。

更に「どーせ勝ち残る」と以下のことを言います。

出典:呪術廻戦153話より
  • 虎杖は上階の客を魅せるために意識して立体で動いてた
  • いい脚本(ホン)が描けそうだ

熱は熱いうちに……だ」と話す秤とその言葉に対して、「それ馬鹿っぽいからやめな?」と話す星。

もう1人のガキの方はどうするのか、と尋ねるスタッフの背後の影が揺らめき、フードを被った伏黒が現れます

スタッフのに紛れ、伏黒は密かに様子を探るのでした

それは引き続き警戒しろ」と秤は話し、「後で警備に綺羅羅も出す」と伝えます。

え~?」と不満気な声を上げる星

秤は「いい感じにザワつくぜ」と笑います

出典:呪術廻戦153話より

こんなにザワつくのは、元カノがリボ払いしまくってた時以来だ」と話す秤。

星は「元カノの話やめて」と、たしなめるのでした

呪術廻戦153話の登場キャラクター

呪術廻戦153話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

153話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 天元(てんげん)
  • パンダ
  • 秤金次(はかりきんじ)
  • 星綺羅羅(ほしきらら)

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ