あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】152話あらすじ・ネタバレ【禪院家の崩壊】

【呪術廻戦】151話「葦を啣む-跋-」

呪術廻戦152話葦を啣む-跋-(あしをふくむ-ばつ-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦151話より

真依を失い、禪院家(ぜんいんけ)を襲撃する真希

禪院家最強の術師集団である「炳(へい)」の筆頭・禪院直哉(ぜんいんなおや)との戦闘が始まります

扇(おうぎ)戦で受けた傷と、「躯俱留隊(くくるたい)」や「炳(へい)」との連戦で、疲労が見え始める真希

直哉は自身の『投射呪法(とうしゃじゅほう)』の術式を使い、真希に休む間もなく攻撃を仕掛けます。

直哉優勢で進む戦闘。

そして、真希を仕留めようと直哉はトップスピードで背後に迫ります。

しかし、驚異的な身体能力を得た真希によって、遂に『投射呪法』の法則を見切られてしまいます

反撃する間もなく、真希から強烈な一撃を顔面に食らい、地面に倒れふすのでした

呪術廻戦152話のあらすじ・ネタバレ

真希と母親

台所のような場所で対峙する真希と、その母親

真希の母親は、取り乱した様子で「来ないで!」と叫びます。

母さん、お願い」「聞いて」と語りかける真希

しかし、母親は「どぉして…!?どぉしてアナタは!」と半狂乱で叫び、聞く耳を持ちません。

あの時なんで『戻れ』って言ったの?」と真希が訊ねます

あの時とは、真希が禪院家の忌庫(きこ)に向かう際に、引き止めたことです。

扇が忌庫で待ち構えている中、娘を引き止めた真意を聞きたかった真希

出典:呪術廻戦152話より

しかし、「……?何の話?」と不審がる母親を見て、その問いに対する答えを真希は悟ったのでした。

無言で近づいてくる真希に対して、「…いや!いやよ!」と叫ぶ母親。

そして、「い゛っ――」という最期の叫び声と共に、台所の壁に母親の血が飛び散るのでした

直哉と真希の母親の最期

禪院家の敷地内に転がる、沢山の遺体

一室では、前回、真希によって顔面に一撃を食らった直哉が生き残っていました

を流し、畳に倒れこむ直哉

息も絶え絶えながらも、真希から生き延びた直哉は、「ツメが甘いんじゃ、クソ女(アマ)ぁ…!」と笑います。

そこに、廊下からこちらに向かってくる足音が聞こえてきます。

現れたのは、真希の母親でした。

首からを流し、手には包丁を携えています

直哉は体を動かそうとしますが、もはや起き上がることも、呪力を練ることもできません。

ドブカス……がぁ!」と最期に叫ぶ直哉

その背後から、真希の母親に刺されるのでした

出典:呪術廻戦152話より

最後の力を振り絞って、直哉を刺した真希の母親

産んで……よかった……」と呟き、息絶えます

最期に浮かんだのは、真希と真依と共に過ごしたいつかの光景でした。

出典:呪術廻戦152話より

西宮へ託す真希

真依の遺体を抱えて歩く真希。

そこに京都校の3年生、西宮桃(にしみやもも)が現れます。

真依ちゃん!」と叫び、駆け寄ってくる西宮

出典:呪術廻戦152話より

真希と真依の様子を見て、何が起こったのかを察した西宮は、「だから、私は…行くなって……!」と泣き崩れます

真希は、真依の遺体を西宮に託します。

…後、頼む」と伝える真希。

西宮は、「これからどうするの、真希ちゃん」と問いかけます。

真希は、その問いに答えず無表情で立ち去るのでした

崩壊した禪院家

その後、以下のことが起こります

  • 禪院家に不在だった「炳」の6名と、「躯俱留隊」の21名が死亡する
  • 現場に残穢(ざんえ)は確認されなかった
  • 遺体の傷口からは、凶器の呪具とみられる呪力がわずかに検出された

悲惨な事件が起きた後日、五条家(ごじょうけ)加茂家(かもけ)から呪術総監部(じゅじゅつそうかんぶ)に対して、とある提案がなされます。

それは、崩壊した禪院家を「御三家(ごさんけ)」から除名するという提議でした。

しかし、呪術総監部はこの提議を受け入れず、一旦保留とするのでした

呪術廻戦152話の登場キャラクター

呪術廻戦152話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

152話登場キャラクター

  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 禪院真依(ぜんいんまい)
  • 禪院直哉(ぜんいんなおや)
  • 西宮桃(にしみやもも)

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ