あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】151話あらすじ・ネタバレ【決着!「炳(へい)」筆頭・直哉VS真希】

【呪術廻戦】151話「葦を啣む-肆-」

呪術廻戦151話葦を啣む-肆-(あしをふくむ-し-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦150話より

妹からその命と引き換えに、呪具を託された真希

真希は父親である扇(おうぎ)を殺害し、全てを壊すという真依との約束のために動き始めます。

その真希に対して禪院家(ぜんいんけ)は、禪院家術師で構成される部隊「躯俱留隊(くくるたい)」を仕向けて、真希を捕縛しようとします

しかし、覚醒した真希にまったく歯が立たず、瞬殺されてしまう隊員達

禪院家最強の術師集団である「炳(へい)」が登場しますが、彼らも次々に倒れていきます。

そして、遂に「炳」の筆頭である禪院直哉(ぜんいんなおや)が現れ、真希と対峙するのでした

呪術廻戦151話のあらすじ・ネタバレ

幼少期の直哉と禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

自身の過去を思い返す、禪院直哉(ぜんいんなおや)

幼少期の頃から天才と呼ばれ、周りからも、次期禪院家当主になるのは直哉だと噂されていました

直哉自身もそれを信じて疑わなかったある日、とある1人の男性の話を聞きつけます。

  • 禪院家には落ちこぼれがいる
  • 男のくせに呪力が1ミリもない

以上のことを知った直哉は、その人物を見に行きます

出典:呪術廻戦151話より

どんなショボくれた人なんやろ」「どんな惨めな顔しとんのやろ」と、楽しみにする直哉。

その彼の前に現れたのは、在りし日の禪院甚爾(ぜんいんとうじ)でした。

甚爾を一目見て、直哉は彼の異質さと他の者との格の違いを思い知るのでした

直哉VS真希

出典:呪術廻戦151話より

戦闘が始まり、高速で拳を打ち出す直哉

真希は、数字をカウントしながらその攻撃を見切り、次々に打ち返していきます。

その隙をついて、直哉が真希の左腕を掴みます

次の瞬間、直哉の術式である『投射呪法(とうしゃじゅほう)』が発動し、真希はフリーズしてしまいます

『投射呪法(とうしゃじゅほう)』のおさらい

  • 「禪院家」に伝わる術式の1つ
  • 自身も相手の動きも、1秒を24に分割してあらかじめ動きを作り出し、その動きを高速で後追いする
  • 術者に触れられた相手も、1/24秒で動かなければ1秒間フリーズしてしまうという特殊な術式
  • なので触れられた相手は、まるで術師が高速に動いたように感じる

フリーズした真希に、直哉は強烈な蹴りを食らわせます。

いくつもの岩を貫通して吹き飛ぶ真希

直哉は真希の先に移動し、間髪入れずに回し蹴りをぶつけます

真希は、蹴りを腕で受け止めながらも、地面に叩きつけられてしまうのでした

直哉の猛攻

直哉は、「オマエは!甚爾君やない!」と心の中で叫び、攻撃を続けます

対して真希は、攻撃を食らい倒れながらも冷静に「6、7、8、13、14」となにかの数字をカウントし続けます

  • 雑魚の罪は強さを知らんこと
  • 誰も甚爾君を理解してへんかった
  • 多分悟(さとる)君を除いて

真希は甚爾になりえない、と苛立つ直哉

出典:呪術廻戦151話より

休む間もなく、直哉の攻撃が続きます

直哉は、起き上がった真希の足を掴み、岩に叩きつけます

そして更に、地面の岩へと投げ飛ばします

アッチ側に立つんは俺や!」と思う直哉の脳裏には、甚爾と五条(ごじょう)の姿が浮かびます。

体制を立て直し、走り出した真希でしたが、高速で先回りした直哉の強力な拳を「ゴンッ」と頭に受けてしまいます。

攻撃をもろに食らったことで、頭から血を流してふらつく真希

マズイな」と焦ります

『投射呪法』の追加された情報

  • 過度に物理法則や軌道を無視した動きは作れない
  • 速度も術式が発動した際に限度がある
  • しかし、術式を次々に重ねていけば、出せる速度は上がっていく

過去、脹相(ちょうそう)戦で油断し、敗北しかけたことを思い出す直哉

あの時みたいなヘマはせん!」とスピードを上げていきます

出典:呪術廻戦151話より

直哉は「力は重さと速さ!」「最高速度でブチ抜いたる!」と高速で移動し、真希を翻弄します

迎え撃つ真希

高速で動き回る直哉。

真希はその場で四股(しこ)を踏み、足を地面にめり込ませ、体制を低くして両腕を広げる構えを見せます

出典:呪術廻戦151話より

「不知火型(しらぬいがた)」とは

  • 相撲(すもう)で土俵入りする際の型の1つ
  • 両腕を左右に広げて構える攻撃的な型

真希は「不知火型(しらぬいがた)」で構え、直哉に真っ向勝負を誘います

  • 扇戦での怪我による失血
  • 「炳(へい)」との連戦
  • 亜音速(あおんそく)を超えている直哉との戦闘

以上のことから、長期戦は不利だと真希は判断したのでした

抱いてやるよ」と不敵に笑う真希

その真希に向けて、直哉は更に加速します

待ち構える真希。

しかし、直哉は攻撃せず、真希の腕に触れてそのまま走り抜けます

直哉は、正面からの戦闘を避けたのでした

  • 投射呪法発動中の術者の手のひらに触れたモノは、1/24秒で動きを作らねばならない
  • 失敗すれば1秒フリーズする

術式発動中の直哉に触れられてしまった真希。

直哉は、真希の背後にまわり、トップスピードで近づきます

アバラ砕けてでも、俺の攻撃を受けて動きを止めるつもりやったんやろ」「そんなみえみえの誘いに乗るかい!」と、背後から真希を狙った直哉は、「やっぱオマエは偽物や!」と迫るのでした。

直哉と真希の決着

しかし次の瞬間、フリーズしたはずの真希の拳が目の前に現れ、驚く直哉

24回だろ」と話す真希。

直毘人(ジジイ)もオマエも速いだけじゃねぇ、違和感があった」と続けます。

そして真希は以下のことを語ります。

  • 1秒に24回動きを刻んでいた
  • この体になってようやく見えた

投射呪法』の法則を見切った真希

先ほどの戦いでをかぞえていたのは、24分割された直哉の動きを追っていたからでした。

真希の拳が目前に迫り、「このッ」と直哉は叫びます。

出典:呪術廻戦151話より

更に何かを叫ぼうとする直哉よりも速く、真希は拳をふり抜きます

強烈な攻撃が顔面に入り、直哉は地面に叩きつけられます

「炳(へい)」の筆頭である直哉を一撃で沈め、勝利した真希

動かなくなった直哉に対して、「悪い、もう一回言ってくれ」と追い打ちをかけるのでした

呪術廻戦151話の登場キャラクター

呪術廻戦151話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

151話登場キャラクター

  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 禪院直哉(ぜんいんなおや)
  • 禪院甚爾(ぜんいんとうじ)

呪術廻戦151話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦151話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
禪院直哉 投射呪法とうしゃじゅほう

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ