あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】150話あらすじ・ネタバレ【禪院家最強の術師集団「炳(へい)」VS真希】

【呪術廻戦】150話「葦を啣む-参-」

呪術廻戦150話葦を啣む-参-(あしをふくむ-さん-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦149話より

実の父親である禪院扇(ぜんいんおうぎ)の策略によって、誅殺(ちゅうさつ)の対象となった真希と真依

死闘の末に扇に敗北し、瀕死の2人は呪霊がはびこる部屋に投げ込まれてしまいます。

呪霊達に殺されそうになったとき、真依は自身の命と引き換えに、『構築術式』を使って呪具を構築し真希に託します。

妹を失い、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)に並ぶほどの身体能力を得た真希は、再び相対した扇を一撃で倒します

全部、壊して」という真依の最期の言葉を胸に、真希は真依から託された呪具を携(たずさ)えて、全てを壊すために動き始めるのでした

【呪術廻戦】149話「葦を啣む-弐-」
【呪術廻戦】149話あらすじ・ネタバレ【真依の最期と真希の覚醒】

続きを見る

呪術廻戦150話のあらすじ・ネタバレ

禪院家に伝わる一報

出典:呪術廻戦150話より

禪院家(ぜんいんけ)の一室で話をしている禪院甚壱(ぜんいんじんいち)禪院直哉(ぜんいんなおや)

すると突然、激しく警鐘(けいしょう)が鳴らされます

なんや、やかましい」とムッとする直哉。

廊下に出た甚壱と直哉の元に、黒髪の少年が慌ただしく駆け寄ってきます。

甚壱さん!」と呼びかける少年に、甚壱は「蘭太(らんた)か」と目を向けます。

蘭太は甚壱達に以下のことを伝えます。

  • 真希が乱心した
  • 扇を殺害した
  • 現在、躯倶留隊(くくるたい)が処理にあたっている

扇が殺されたと報告を受けて、驚く甚壱と直哉

「躯俱留隊(くくるたい)」の登場

別所では、隊列を組んだ禪院家の者達が廊下を歩いていました。

隊列の先頭には、刀を携えた男性がおり、指揮をとっています

先頭の男性は、「扇さんだって寝込みや便所で襲われりゃ、不覚を取ることもあらぁな」と話し、「真希にだってそれくらいはできるだろ」と続けます。

俺が着く前にひっ捕らえろ」と指示を出した男性に対し、後ろにいた部隊は「はっ!」と答え、一斉にその場から離れます

モタモタして後で甚壱にドヤされるのは俺なんだからよ」とぼやく男性は、「躯俱留隊(くくるたい)」の隊長の禪院信朗(ぜんいんのぶあき)でした。

出典:呪術廻戦150話より

隊がその場から離れた後、信朗は思い出したかのように「あ、殺すなよ」「シメは俺がやる」と後付けするのでした。

「躯俱留隊」とは

  • 術式を持たない禪院家男児が入隊を義務づけられている部隊
  • 「炳(へい)」の下部組織として日夜武芸を叩き込まれている
  • 真希も高専入学前まで籍を置いていた

禪院家内を捜索する「躯俱留隊」は、噸の間(とんのま)という一室にたたずむ真希を見つけます。

正体不明の呪具を二振り目視で確認!」「囲め囲めぇ!」と叫び、真希を包囲する「躯俱留隊」の者達

何名もの人数に囲まれても、真希は微動だにしません。

脳裏に、過去の出来事が思い出されます

過去に真依と戦った際に言われた、「なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの?」という言葉を思い出す真希。

今はもういない真依に対し、真希は「そうだな」と心の中で答えます。

きっとそれが私達の正解だったんだろうな」と呟く真希は「ごめん、ごめんな真依」と謝るのでした

「躯俱留隊」VS真希

かかれぇ!」と掛け声の元に、一斉に真希に攻撃をしかける隊員達

うつむいていた真希でしたが、「約束だよ、全部壊して」という真依の言葉を思い出し、目を見開きます。

そして、最初に刀で斬りかかってきた隊員の両手を呪具で斬り飛ばします

出典:呪術廻戦150話より

続けて襲い掛かってきた隊員の頭部を呪具「竜骨」で両断します。

更に素早く振り返り、背後の隊員の首を飛ばします。

四方から次々に襲い掛かってくる隊員達。

真希は両手に持った呪具を操り、彼らを翻弄(ほんろう)します

覚醒した真希の身体能力に、隊員達はついていくことができません

驚異的なスピードで繰り出される攻撃に、「躯俱留隊」はまったく歯が立たず、次々に倒れていきます

そしてあっという間に、広場にいた全員が真希によって倒されてしまいました

そこに、「躯俱留隊」隊長の信朗が到着します

中の様子を知らずに、「うーい、首尾はどうだい?」と襖(ふすま)を開ける信朗。

出典:呪術廻戦150話より

血を流し倒れている隊員達の中で、ひとり無傷で立つ真希を見て信朗は、「びっくらポンだぜ…」と呟くのでした。

禪院家最強の呪術師集団「炳(へい)」VS真希

突然、真希の横に何者かが現れ、術式を発動します

すると、地面から巨大な岩石の手が顕現(けんげん)し、両手ではさむようにして真希を潰します

その術式を見て、信朗が「長寿郎さんの術式…!」と気づきます。

炳(へい)のお出ましか!」と信朗が目を向ける先には、甚壱と蘭太、更に長寿郎と呼ばれた先ほど術師が並び立っていました

出典:呪術廻戦150話より

「炳(へい)」とは

  • 高専資格条件で、準1級以上の実力を認められた者達で構成される部隊
  • 禪院家最強の術師集団

そこに、潰したはずの真希が岩石の手を破壊して飛び出してきます

こちらに向かってくる真希に、構える長寿郎と信朗

真希は、長寿郎の蹴りを右手でいなし、左側から斬りつけてきた信朗を左手に持った呪具で打ち返します。

更に、信朗へと激しく打ち込む真希。

防戦一方の信朗は、「長寿郎さんのアレをくらってなんで動ける……!」と焦ります。

そして首元に伸びてきた手を防ぎきれず、信朗と長寿郎は真希に喉を深く刺されてしまいます

致命傷をくらい、倒れながら「速い…!」「こやつ本当にあの真希か!?」と驚く信朗と長寿郎。

そのとき、真希の背後の空間に両目が現れ、見えない力によって体が拘束されます

蘭太の術式によるものでした。

そのまま止めてろ!蘭太!」と言い、真希に走りだす甚壱。

動きを止められた真希は、拘束に抗(あらが)います

徐々に動き出す真希を蘭太は止めることができず、拘束を破られそうになります

出典:呪術廻戦150話より

術式の反動からか、両目から大量の血を流す蘭太

思わず甚壱は振り返ります。

その甚壱に対して、蘭太は「構うな!甚壱さん!」と叫びます。

  • 今の禪院家が在るのは甚爾(とうじ)さんの気まぐれ
  • 真希は今、甚爾さんと同じに成った
  • 今、ここで殺(や)るんだ

以上のことを叫ぶ蘭太。

甚壱は真希に向かって拳を振り上げます

巨大な拳が連続して打ち出され、建物ごと真希を潰しにかかるのでした

「炳」筆頭との対峙(たいじ)

辺り一面が瓦礫(がれき)とかした中、瀕死で座り込む蘭太

両目から血を流し、目を開けることもできずにいます

そこへ瓦礫の向こうから歩いてくる人物がいます。

蘭太はその人物に向かって「やりましたね、甚壱さん…!」と呼びかけます。

出典:呪術廻戦150話より

甚壱の勝利を信じて疑わない蘭太。

しかし、その蘭太の横を、切断した甚壱の首を持った真希が通り過ぎます

そして、その首を側の池へと放り投げます

出典:呪術廻戦150話より

真希に対して、「非道(ひど)いなぁ」と話しかける直哉。

人の心とかないんか?」と話す直哉に対して、「あぁ」と真希は答えます。

アイツが持ってっちまったからな」と続けて言う真希は、遂に「炳」の筆頭である直哉と対峙するのでした

呪術廻戦150話の登場キャラクター

呪術廻戦150話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

150話登場キャラクター

  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 禪院甚壱(ぜんいんじんいち)
  • 禪院直哉(ぜんいんなおや)
  • 蘭太(らんた)
  • 禪院信朗(ぜんいんのぶあき)
  • 長寿郎(ちょうじゅろう)

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ