あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】149話あらすじ・ネタバレ【真依の最期と真希の覚醒】

【呪術廻戦】149話「葦を啣む-弐-」

呪術廻戦149話葦を啣む-弐-(あしをふくむ-に-)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦148話より

死滅回游(しめつかいゆう)に備えて、呪具(じゅぐ)を回収しに禪院家(ぜんいんけ)に来た真希

しかし、呪具が収められているはずの忌庫(きこ)の中は空っぽになっており、妹の真依が怪我をして倒れていました。

そこに待ち構えていた、父親の禪院扇(ぜんいんおうぎ)真希の死闘が始まります。

伏黒(ふしぐろ)を禪院家の現当主とすることを認めることができない、禪院甚壱(ぜんいんじんいち)との策略によって、真希真依は誅殺(ちゅうさつ)の対象となっていたのでした

呪詛師組屋鞣造(くみやじゅうぞう)が作り出した呪具「竜骨」を使って戦う真希でしたが、の力の前に倒れてしまうのでした

【呪術廻戦】148話「葦を啣む」
【呪術廻戦】148話あらすじ・ネタバレ【禪院真希(ぜんいんまき)VS禪院扇(ぜんいんおうぎ)の激闘】

続きを見る

呪術廻戦149話のあらすじ・ネタバレ

敗れた真希と真依

との戦いに敗れた真希は、真依と共にに引きずられ、どこかに連れていかれます

刀身を折り、間合いを縮めたと判断し深く踏み込んだな」と話しながら歩く

大量の血を流しながら引きずられる真希意識はなく、意識のある真依も怪我をしていて抵抗することができません

話を続ける真依は黙って聞きます。

出典:呪術廻戦149話より

は自身は剣士ではなく、術師だと語り、「出来損ないの物差しで私を測ろうなど、笑止千万」と言います。

更に、「何度でも言うぞ」と続けるは以下のことを話します。

  • 私が前当主に選ばれなかったのはオマエ達のせいだ
  • 兄の術式は歴史が浅く、相伝であるか否かはそこまで争点ではなかった
  • 術師としてただ一つを除いて兄に遅れをとったことはない
  • 唯一、子供の出来のみ

禪院家術式の1つである、『投射呪法』を相伝した兄の息子・禪院直哉(ぜんいんなおや)と自身の子供を比べる

子が親の足を引くなどあってはならない」と吐き捨てます。

真依は「知らないの?」「この国では足の引っ張り合いが美徳なのよ」と言い返します。

呪霊の部屋

目的の場所に着いたは、真希真依とある部屋に放り出します。

訓練と懲罰(ちょうばつ)に使われる部屋だ」と話す

部屋の四方の闇からは、沢山の呪霊のうめき声が聞こえてきます

出典:呪術廻戦149話より
  • この部屋では2級以下の呪霊を無数に飼っている
  • 今は私に怯えているがじきオマエ達を喰いに這い出てくる

のその言葉に真依は警戒し、なんとか起き上がります

部屋を出る前、最後に真希を見下ろす

天与呪縛(てんよじゅばく)、それがなんだと話し、「我々術師は日々鍛錬(たんれん)した肉体を更に呪力で強化して戦う」「オマエの力など皆手抜かりなく持っているのだ」と告げました。

そして「さらば、我が人生の汚点」と2人に言い渡し、去っていくのでした。

無数の呪霊が巣食う部屋に取り残された真希真依

真依は、意識のない真希の胸に手を当てて、心臓がまだ動いていることを確認します

いつか……こうなるんじゃないかって思ってた」と呟く真依

最悪」と呟いた真依は、真希の体を抱え込み、顔を合わせるのでした。

海辺の2人

真希が目を覚ますと、海辺の波打ち際のようなところに倒れていました。

起き上がると、隣には真依が座っています。

出典:呪術廻戦149話より

私の術式もう大体分かってるでしょ」と話す真依

でも大きい物とか複雑な物は作れないのよ」と続けます。

真依術式とは、無から物質を作り出すことができる『構築術式』のことです。

ポイント

  • 呪力によって無から物質を作り出すことができる
  • 構築術式で一度作られた物質は、たとえ術式が解除されても消えることはない
  • 応用が利くが、呪力の消耗が激しく、体の負担が大きい
  • 真依の場合、姉妹校交流会の時点で、1日1発の弾丸を作るのが精一杯だった

父親から受けた傷もあり、『構築術式』でとある物を作った後に自分は死ぬ、と淡々と話す真依

じゃあね、後は一人で頑張んなさい」と告げると、そのまま海へ入っていこうとします

突然のことに真希は驚き、慌てて呼び止めます。

とにかく…戻ってこい」と呼びかける真希に、真依は振り返って「私、随分前から分かってたのよ」と話します。

それは、なぜ呪術師にとって双子が凶兆(きょうちょう)なのか、ということについてでした。

  • 呪術では一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)は同一人物とみなされる
  • 「何かを得るには何かを差し出さなければならない」という利害が双子の場合成立しない

アンタは私で私はアンタなの」と話す真依

出典:呪術廻戦149話より
  • 真希が血ヘド吐いて努力して強くなりたいって願っても、自分は強くなりたいと思っていないから意味がない
  • 真希術式を持っていなくても、自分が術式を持っていたら意味がない
  • 自分がいる限り、真希は一生半端者

真依が託したモノ

真希は「天与呪縛(てんよじゅばく)」により、生まれつき一般人並みの呪力しかない代わりに、類(たぐい)まれな身体能力を持ちます

しかし、自身がいる限り、真希は一生中途半端なままだと真依は語ります。

真希は「分かったから…!戻れよ!」と叫び、真依を連れ戻そうと海に入ります。

そんな真希に対して、真依は「これだけは置いていくわ」「他は捨てなさい」と何かを手渡します

そして、以下のことを言います。

  • 呪力もなにもかも私が持っていってあげるから
  • 一つだけ約束して

真希の手の中には、真依から渡された枯葦(かれあし)のような植物の小枝がありました。

全部、壊して」と伝える真依

その姿はいつの間にか、幼い頃の真依へと戻っていました。

全部だからね」「お姉ちゃん」久しく呼んでいない呼び方で真依真希に笑いかけ、別れを告げるのでした

懲罰(ちょうばつ)の部屋で目を覚ました真希

その手には、真依が最期の呪力構築した呪具がありました。

出典:呪術廻戦149話より

真希を抱えるようにして、亡くなっている真依

真希は涙を流しながら「起きて」「真依」と語りかけます。

うずくまる2人のまわりには、沢山の呪霊達が迫ってきているのでした

覚醒する真希

真希達を置いてきた部屋から、突然、呪霊達の消滅反応を感じたは驚いて振り向きます。

ただならぬ気配に、身構える

そこには、置き去りにしたはずの真希の姿がありました

その姿を見て、の脳裏に恐怖が蘇(よみがえ)ります。

出典:呪術廻戦149話より

真希から立ち上る壮絶な気迫が、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)と被り、圧倒される

は一気に呪力の炎を解放し、術式解放『焦眉之赳(しょうびのきゅう)』を発動します。

出典:呪術廻戦149話より

炎をまとう刀身を真希へ向け、「今一度この手で骨の髄まで焼き尽くしてくれる!」と叫びます。

そして「来い!出来損ない!」と言い放った直後、真希の一振りによっての頭部が吹き飛びます

先程の戦闘では苦戦した相手を一瞬にして倒した真希

真依から託(たく)された呪具を手に、真希は「真依、始めるよ」と呟くのでした。

呪術廻戦149話の登場キャラクター

呪術廻戦149話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

149話登場キャラクター

呪術廻戦149話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦149話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
禪院真依 構築術式こうちくじゅつしき
禪院扇 焦眉之赳しょうびのきゅう

次回のあらすじ

【呪術廻戦】150話「葦を啣む-参-」
【呪術廻戦】150話あらすじ・ネタバレ【禪院家最強の術師集団「炳(へい)」VS真希】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ