あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】148話あらすじ・ネタバレ【禪院真希(ぜんいんまき)VS禪院扇(ぜんいんおうぎ)の激闘】

【呪術廻戦】148話「葦を啣む」

呪術廻戦148話葦を啣む(あしをふくむ)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦147話より

死罪を宣告された、東京都立呪術高等専門学校学長の夜蛾正道(やがまさみち)

拘束されているパンダの元へ向かおうとした彼の前に、京都校学長の楽巌寺(がくがんじ)が立ちはだかります。

死闘の末に夜蛾楽巌寺に負け、倒れこみます

そして、瀕死の夜蛾楽巌寺に、今までひた隠していた「完全自立型人工呪骸」の製造方法を伝えます

東京校2年担任教師である、日下部(くさかべ)の協力もあり、牢から脱出したパンダ

急いで夜蛾の元に駆けつけるもわずかに遅く、力尽きた夜蛾を前にして泣き叫ぶのでした

【呪術廻戦】147話「パンダだって」
【呪術廻戦】147話あらすじ・ネタバレ【夜蛾とパンダ「親子」の絆】

続きを見る

呪術廻戦148話のあらすじ・ネタバレ

直哉と真希

出典:呪術廻戦148話より

死滅回游(しめつかいゆう)に備えて、呪具(じゅぐ)を回収しに真希禪院家を訪れます

そこには、前当主の息子で真希のいとこにあたる、禪院直哉(ぜんいんなおや)がいました。

酷い面(つら)やな」と、真希の顔の火傷跡(やけどあと)を見て直哉は笑います。

そんな直哉に対して、「女を顔で判別できたんだな」「尻しか見てねぇと思ったぜ」と言い返す真希

直哉は「どうすんのって聞いてんねんけど、答えろやカス」と真希を煽(あお)ります

  • 呪術も使えない
  • 呪霊も見えない
  • 取り柄の顔もグズグズ
  • もう誰も君のこと眼中にないで

直哉は以上のことを言い、「昔みたいにまたイジメたろか?」と続けます。

無言で直哉を見つめる真希

これからどうするつもりなのかと、直哉は再度問いただします。

乙骨君と恵君の金魚のフン?」「なんとか言えや、カス」と言われ、馬鹿にされても真希は無言を貫き通すのでした

直哉と別れ、地下の通路を歩く真希

そこには、着物を着た女性が立っていました。

女性は、「戻りなさい」と真希を呼び止めます

忌庫(きこ)への立入りは私達に許されていないの」と着物の女性が話します。

真希達がいるのは、禪院家呪具を保管している忌庫への通路でした

当主様がいいって言ってんだよ」と、着物の女性に真希忌庫の鍵を取り出して見せます

当主になる資格

真希は、伏黒との会話を思い出します。

禪院家の前当主である禪院直毘人(ぜんいんなおびと)の遺言により、伏黒が現当主に選ばれたことを伝える真希

断ると即答する伏黒に、真希は「悪いが受けてくれ」と言います。

直毘人は、伏黒には禪院家の財産を全て譲ると言ったとされ、当主になれば以下のことが優遇されます。

以上のことが手に入るとされ、これからの立ち回りも大きく変わります

しかし、当主になることに対して興味のない伏黒は、現当主になる権利を譲るので、真希にやってほしいと提案します。

今の私じゃ誰も納得しねぇしついてこねぇよ」と話す真希

ポイント

  • 相伝の術式を継いでいること
  • 領域を会得していること
  • 更に五条悟に目をかけられていた

以上のことがあり、伏黒ギリギリ当主になる資格があると判断されたとしています。

禪院家の人がどう思おうと関係なくないですか?」と尋ねる伏黒

さっき言ってた恩恵は当主になりさえすれば受けられるでしょ」と更に続けます。

その言葉に、真希は「……まだ私じゃダメなんだよ」と呟きます。

出典:呪術廻戦148話より

私じゃ真依の居場所を作ってやれない」と言う真希

脳裏に浮かぶのは、京都校にいる妹の真衣のことでした。

妹のためを思う真希の想いに触れ、伏黒は一転「分かりました」と話し、当主になることを承諾(しょうだく)したのでした

姉妹の再会

忌庫へ向かう真希に、「戻りなさい!」と叫ぶ着物の女性

それでも歩みを止めない真希に、「どうしてアナタはいつもそうなの?」と背中ごしに語りかけます。

そして、「一度くらい産んで良かったと思わせてよ…真希」と語る女性。

着物の女性は、真希と真衣の母親だったのです

その母親の言葉を背中に受けながらも、真希は無言で通り過ぎるのでした

出典:呪術廻戦148話より

真希忌庫にたどり着き、鍵を開けます

しかし、その重たい扉の先に呪具はなく、待ち構えていたのは、真希の父親である禪院扇(ぜんいんおうぎ)でした。

親父…!」と驚く真希に、扇は「ここに呪具はないぞ」と話します。

扇は、真希達の動向を見越して、先に呪具を移動させたのです。

立ち上がる扇の足元に、倒れている人物がいます。

なんで来たのよ、馬鹿」と、真希を見て悪態をつくその人物は、妹の真衣でした。

血だらけでうずくまる妹を見て、真希は「真衣!」と叫びます。

禪院家の思惑

一方、禪院家では禪院甚壱(ぜんいんじんいち)と直哉が話し込んでいました。

こうする気やったら始めっからそう言えや」と不満気な直哉に対して、甚壱が「オマエが先走りすぎなんだ」とたしなめます。

甚壱も扇も、伏黒が当主になることについて納得していなかったのです。

  • 五条家の関係修復の契機として伏黒を後押しする声も少なくない
  • しかし全財産を伏黒に譲るというのは俺達も納得できない

以上のことを言う甚壱に、直哉は「じゃあ何をトロついとったん?」と尋ねます。

  • 伏黒五条家だけでなく、加茂家次代当主の加茂憲紀(かものりとし)とも友好な関係にある
  • 理由もなく伏黒を消せば立場を悪くするのは我々禪院家
  • 五条悟が封印された今、変動する勢力争いに遅れをとることになる

そして、甚壱は、呪術総監部(じゅじゅつそうかんぶ)から通達された以下の声明文を利用すると話します。

二、五条悟(ごじょうさとる)を渋谷事変共同正犯とし呪術界から永久追放、かつ封印を解く行為も罪と決定する

出典:呪術廻戦148話より

五条悟解放を企てた謀反者(むほんもの)として、伏黒恵真希、真衣を誅殺(ちゅうさつ)する」と話す甚壱。

扇が実の娘を殺すことで信憑性(しんぴょうせい)が増すと、直哉はその言葉に笑いながら賛同します。

しかし、その作戦を実行してしまうと、扇は自身の子供を殺すということになります

扇はそれでいいのか、と尋ねる直哉に対し、甚壱は「発案者は扇だ」と答えるのでした。

真希VS扇

忌庫にらみ合う真希と扇

扇は体を低く落とし、居合いの構えをとります。

その体の周りに呪力が立ちのぼります。

呪術界御三家に伝わる秘伝落花の情(らっかのじょう)』です。

ポイント

  • 落花の情とは、1000年の歴史を持つ呪術界名門御三家に伝わる秘伝の術
  • 触れたモノに自身の呪力を解放してカウンターのように身を守る、領域に対する防護策の1つ

扇は『落花の情』を居合に転用したのでした

真希や真衣が未知の呪具を持っていた場合に備えつつ、渾身(こんしん)の一振りを狙います。

対する真希は、呪詛師組屋鞣造(くみやじゅうぞう)が作った呪具竜骨(りゅうこつ)」を取り出します。

出典:呪術廻戦148話より

ポイント

  • 呪詛師組屋鞣造の傑作(けっさく)
  • 刃で受けた衝撃と呪力を蓄積(ちくせき)し、使い手の意図に合わせて峰(みね)から噴出する

ポイント

  • 呪具の効力を扇は知らない
  • このアドバンテージを生かす
  • 居合勝負に乗ったと見せかけて、二撃目・三撃目で斬る

真希効力を知られていない呪具を生かし、短期決戦を狙います

何故、前当主が私でなく兄だったか、知っているか?」と真希に問う扇。

「竜骨」を構えながら、「テメェが子供を殺せるクソ野郎だからだろ」と真希は答えます。

同時に攻撃を繰り出す両者。

扇の居合を、真希はすんでのところで竜骨で受け止めて流します

そして、攻撃を受け止めた際に蓄積(ちくせき)した呪力を噴出し、扇へと斬りかかります

出典:呪術廻戦148話より

右下から刀身を振り上げて、真希の攻撃を迎え撃つ扇

噴出した呪力を利用して加速した真希の刃によって、扇の刀はへし折れ、刃先が吹き飛びます

目を見開き、驚く扇。

その隙に扇の背後へと素早く回り込む真希

そして、扇の空いた胴体へと渾身(こんしん)の一撃を叩き込みます

父娘の決着

出典:呪術廻戦148話より

しかし、入ったと思われた真希の攻撃は空(くう)を斬ります

扇の刃が、真希の右目から頭部を鋭(するど)く切り裂き、続けて脇腹を抉(えぐ)ります

なんで……」と困惑する真希

その視線の先には、折れたはずの刀身が呪力によって再び顕現(けんげん)している扇の刀がありました。

何故私が当主になれなかったか…」再び真希に問いかける扇。

それは子供のオマエ達が出来損ないだからだ…!」そう続けた扇の目から涙がこぼれます

深い傷を負った真希は、その場に崩れ落ちるのでした

呪術廻戦148話の登場キャラクター

呪術廻戦148話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

148話登場キャラクター

呪術廻戦148話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦148話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
禪院扇 落花の情らっかのじょう

次回のあらすじ

【呪術廻戦】149話「葦を啣む-弐-」
【呪術廻戦】149話あらすじ・ネタバレ【真依の最期と真希の覚醒】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ