あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】147話あらすじ・ネタバレ【夜蛾とパンダ「親子」の絆】

【呪術廻戦】147話「パンダだって」

呪術廻戦147話パンダだって』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦146話より

天元と共に、改めて死滅回游の総則(ルール)について確認しあう虎杖

そして、それぞれの役割を決め、新たに動き始めます

それぞれの役割

場所は変わり、お笑い劇場のようなところで売れない芸人をしている男性、高羽史彦(たかばふみひこ)

先輩芸人に罵倒(ばとう)され、落ち込む彼の背後から呪力がにじみ出します

新たな死滅回游者が誕生するのでした

【呪術廻戦】146話「死滅回游について」
【呪術廻戦】146話あらすじ・ネタバレ【明かされる死滅回遊の内容】

続きを見る

呪術廻戦147話のあらすじ・ネタバレ

かつての夜蛾

出典:呪術廻戦147話より

かつて、通常の呪骸(じゅがい)とは異なる「突然変異呪骸(とつぜんへんいじゅがい)」のパンダを作り出した夜蛾

両手に呪符を巻かれて拘束され、牢(ろう)のような場所に隔離(かくり)されています

アレは何だ」と京都府立呪術高等専門学校の学長、楽巌寺(がくがんじ)が、ガラス越しにパンダのことを問いただします。

ポイント

  • 人工的な呪骸は自立して行動することが可能
  • しかし術師から呪力を与えられなければ動力が尽きてしまう

通常の呪骸と異なり、パンダ呪力は、パンダ自身でまかなえていると話す楽巌寺

ポイント

  • 呪術界の上層部は、夜蛾を特級に認定し、無期限拘束を下そうとしている
  • パンダを意図的に造ったのだとしたら、簡単に軍隊をつくることもできてしまう恐れがあるから

貴様は、本当に、アレの造り方を知らんのだな」と念を押す楽巌寺に、うつむきながら夜蛾は「……はい」と答えるのでした。

タケルとの会話

時は移り現在、森の中の開けた場所で倒木に座る夜蛾と、1人の呪骸

うつむいて座る夜蛾に、ネクタイを着けた動物のような呪骸は、「まさみち」と話しかけます。

呪骸の「元気がないことをみんな心配している」という言葉に、夜蛾どこかうわの空でそうか」と答えます。

だから元気がなければ元気づければいいって言ってやった」「天才だろ」と得意げに話す呪骸に、夜蛾が「そうだな」と頭をぐりぐりとなでます。

出典:呪術廻戦147話より

夜蛾は、呪骸のことをタケルと呼び、「しばらく帰れそうにない」と伝えます。

また出張?」と不満気な顔をするタケルに、

  • この森は天元様が守ってくれている
  • タケルのお母さんもまた会いにきてくれる

以上のことを言い、「俺がいなくても大丈夫」と話す夜蛾

木の根本にある小さなドアを開け、森から出ていこうとする夜蛾に、タケルが「まさみち」と再度呼びかけます

振り返ると、タケルだけでなく、たくさんの呪骸達が夜蛾を見送りに集まっていました

そして、呪骸達の真ん中に立つタケルが、皆の気持ちを代弁するかのように夜蛾へ伝えるのでした。

まさみちがいないとさみしいぜ

日下部と夜蛾

呪符が辺り一面に張り巡らされた部屋で、縄に拘束されているパンダ

その縄を、東京都立呪術高等専門学校2年担任の日下部(くさかべ)が、刀で断ち切ります

出典:呪術廻戦147話より

拘束を切って開放したことに対して「…いいのか?」とパンダに問われた日下部は、気まずそうな顔で「俺が助けたって言うんじゃねーぞ」と答えます。

そう言って、日下部は「行け」とパンダに促(うなが)すのでした。

過去の回想で、夜蛾と会話をしている日下部

日下部の傍には、車椅子に乗った女性がいます。

本当にいいんだな」と念を押す夜蛾

コイツはオマエの甥(おい)ではない」「甥の情報を持った何かだ」と日下部に伝えます。

そんな夜蛾に対して、日下部は以下のように答えます。

  • いつまでも死人にこだわっていたら未来を生きていけませんっちゅー話ですよね
  • でも妹はもう過去(タケル)が支えてくれなきゃ生きていけんのです

車椅子の女性は、日下部の妹でした

無気力に車椅子に座る女性を、夜蛾の足元にくっついて見ていた呪骸タケル

タケルは、「あの人僕のお母さんじゃない?」と夜蛾に訊ねます。

よく分かったな」と褒める夜蛾に、「へへへ」とタケルは嬉しそうに笑います。

そして、「天才だろ?」と得意げに続けたタケルの顔が、女性の記憶の中の息子の顔と重なります

出典:呪術廻戦147話より

タケルの言葉に、今まで目が虚(うつ)ろで無関心だった女性が顔を上げ、車椅子から勢い良く立ち上がります

そして「タケルぅ…」と泣きながらタケルを抱きしめて、地面にうずくまるのでした

日下部、悪いが」と言う夜蛾に、日下部は「分かってます」と答えます。

  • 完全自立型の呪骸の存在は公(おおやけ)にできない
  • 妹とは一緒には暮らせない

すまん」と謝る夜蛾に「何、謝ってんですか」と話す日下部

ありがとうございます、本当に」と続ける日下部の肩は、涙を耐えるように震えているのでした

突然変異呪骸(とつぜんへんいじゅがい)の真実

パンダの元へ向かおうとする夜蛾

その前に、口元部分を覆い隠した呪術師が立ちふさがります

夜の街灯から夜蛾を見下ろして、何処へ行くのかと訊ねる呪術師に対して、「息子に会いに」と夜蛾は答えます。

」と一瞬疑問の表情を浮かべた呪術師でしたが、上着を脱ぎ捨てて戦闘態勢に入った夜蛾を見て、以下のようなことを言って迫ります。

  • 死罪となったアナタが唯一助かる方法を教えましょう
  • 完全自立型人工呪骸の製造方法を今ここで明かせ

しかし、夜蛾呪骸について話すような様子はなく、「悟(さとる)がいなくなった途端に強気だな」と呪術師を威圧します。

そんな夜蛾呪術師は、「強気にもなりますよ」「こちらには歴戦の術師がついている」と豪語します。

そこに現れたのは、京都校の学長・楽巌寺(がくがんじ)でした。

楽巌寺…学長!!」と驚く夜蛾

出典:呪術廻戦147話より

夜の街灯の元、瀕死の重傷を負い、血だらけで座り込む夜蛾

死闘の末に、勝ち残ったのは楽巌寺の方でした

後は儂に任せて下がってよい」との楽巌寺の言葉に、呪術師は「御意」と答え、姿を消します。

その場に2人のみになった夜蛾楽巌寺

そのとき、「肉体の情報から魂の情報を複製するんです」と倒れ込んでいた夜蛾が、唐突に喋り始めます

その言葉に、ハッと何かに気づく楽巌寺

夜蛾が話し始めたことは、「完全自立型人工呪骸」についてでした

ポイント

  • 肉体の情報から魂の情報を複製する
  • その情報を呪骸の核に入力する
  • 入力するだけでは駄目で、相性の良い三つの魂を宿した核を一つの呪骸に入れる
  • お互いの魂を常に観測させることで初めて魂が安定して、自我が芽生える
  • 生後3か月を過ぎたあたりで呪力の自己補完を始める

今まで頑(かたく)なに話そうとしなかった呪骸の製造方法を、突然明かした夜蛾

何故…今更話した」「何故生き延びなんだ…!!」と楽巌寺は、どうして生き延びるためにもっと早く言おうとしなかった、と詰め寄ります。

出典:呪術廻戦147話より

そんな楽巌寺夜蛾はわずかに笑みを浮かべて、「呪い…ですよ、楽巌寺学長」「私から、アナタへの呪いです」と呟くのでした。

パンダの涙

夜蛾楽巌寺の元に駆けつけたパンダでしたが、僅か一歩遅く、間に合いませんでした

血だらけで倒れこんでいる夜蛾を見て「まさみち…!!」と叫ぶパンダ

そして、夜蛾の傍(かたわ)らに立つ楽巌寺の方へと歩み寄るパンダに、楽巌寺は武器として使用していたギターの残骸(ざんがい)を捨て、いつでも戦闘に入れるように身構えます

しかしパンダは、楽巌寺のそばを素通りして歩き進め、傷だらけの夜蛾を抱え上げます。

何故戦わん」「儂(わし)が憎くないのか」と問う楽巌寺に対して、「人間(オマエら)と一緒にすんな」と、はねつけるパンダ

  • アンタ(楽巌寺)はまさみちと仲が悪くなかった
  • 呪術界の上層部に命令されてやっただけだろ
  • 俺にとっちゃアンタは落ちてるナイフみたいなもんさ

出典:呪術廻戦147話より

だがこれだけは覚えておけ」「パンダだって、泣くんだ」とそう言って、涙をこぼすパンダ

夜の蛾が群れる街灯が照らす闇に、パンダの泣き叫ぶ慟哭(どうこく)が辺りに響き渡るのでした

呪術廻戦147話の登場キャラクター

呪術廻戦147話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

147話登場キャラクター

次回のあらすじ

【呪術廻戦】148話「葦を啣む」
【呪術廻戦】148話あらすじ・ネタバレ【禪院真希(ぜんいんまき)VS禪院扇(ぜんいんおうぎ)の激闘】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ