あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】146話あらすじ・ネタバレ【明かされる死滅回遊の内容】

【呪術廻戦】146話「死滅回游について」

呪術廻戦146話死滅回遊について(しめつかいゆうについて)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦145話より

遂に姿を現した全知の術師、天元

虎杖達は、羂索(けんじゃく)の目的と、五条を開放するために獄門彊(ごくもんきょう)の解き方について質問します。

天元は、教える代わりに護衛を要求し、九十九(つくも)と脹相(ちょうそう)の2人が残ることになりました。

護衛が決まると天元は、五条が封印されている獄門彊につながる裏門にあたる呪物獄門彊「裏」を取り出します。

そして、獄門彊「裏」を開放するために、死滅回遊に参加している泳者(プレイヤー)の中にいる、あらゆる術式を消滅させる術師、「来栖華(くるすはな)」の存在が必要なことを教えるのでした

【呪術廻戦】145話「裏」
【呪術廻戦】145話あらすじ・ネタバレ【五条復活の鍵を握る人物現る!】

続きを見る

呪術廻戦146話のあらすじ・ネタバレ

全国に存在する10の結界(コロニー)

天使の術式なら獄門彊『裏』を開けることができる」と話す天元

来栖華(くるすはな)が今どこにいるのかと問う伏黒に、天元は「東京の東側の結界(コロニー)だ」と伝えます。

更に「回遊の結界は私を拒絶しているからそれ以上の情報はない」と話します。

出典:呪術廻戦146話より

全国に存在する結界(コロニー)は以下の場所にあり、全部で10あります

  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 東京(東側)
  • 東京(西側)
  • 愛知県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 広島県
  • 鹿児島県

この10の結界が、日本の人間を彼岸(ひがん)へと渡す境界を結ぶ結界へと繋がっています。

更に天元は説明を続けます。

  • 北海道が入っていないのは、既に巨大な霊場として慣らしが済んでいるから
  • 全国の結界を繋ぐことで、日本にいる人間全員に呪いをかけて同化の前準備をしている
  • 回遊(かいゆう)次第だが儀式が終わるまで2月(ふたつき)もあれば済む

死滅回游の総則(ルール)1~5について

出典:呪術廻戦143話より

天元からの説明を受けて、虎杖らは死滅回游のルールについて改めて確認します。

総則(ルール)1と2について

  • 今現在は11月9日、泳者(プレイヤー)の術師達が覚醒したのは10月31日24時頃
  • 津美紀(つみき)が回游に参加するまでの猶予は約10日と15時間
  • 参加を拒否した泳者(プレイヤー)は死ぬ
  • 家入曰く、術式の剥奪(はくだつ)も死になる
  • 真希のように術式を持ってない術師はノーリスク

出典:呪術廻戦146話より

総則(ルール)的にも、術式をはく奪(はくだつ)された者は死ぬと予測する家入

逆に真希のような、元から術式を持っていない術師はノーリスクになります。

総則(ルール)3について

  • 初めから結界の中にいる一般人は少なくとも1度は外に出る機会を与えられる
  • 泳者(プレイヤー)に初めから「結界から出る」という目的を与えることで、回游を活性化させる狙いがある

出典:呪術廻戦146話より

総則(ルール)4と5について

  • 管理者というのは各泳者(プレイヤー)に憑(と)りつく式神、「コガネ」
  • 正確に言えばコガネも管理者ではなく、口にあたる
  • 管理者は死滅回游のプログラムそのものにあたる

死滅回游の総則(ルール)6~8について

総則(ルール)6について、既にある総則(ルール)を消すのではなく、「追加」することのみの規則に難色をしめす九十九

これに、「遠回しに否定ならいけるかもしれませんね」と伏黒が提案します。

総則(ルール)7について、「これアリか?」と言う脹相

同じく真希も「判断基準が管理者任せすぎる」と言います。

それに対して、「いや」と天元が答えます。

  • ある程度は公平な判断が見込める
  • 呪術的にこれ以上羂索(けんじゃく)に利益が偏(かたよ)ることはない

既に泳者(プレイヤー)に多くの総則(ルール)を強いているので、これ以上羂索(けんじゃく)に利益が偏(かたよ)ることはないだろう、というのが天元の見解でした。

最後の総則(ルール)8を確認する虎杖達。

得点の変動がなければ、泳者(プレイヤー)から術式をはく奪(はくだつ)する、つまり死ぬことになるとの文を見て「また…人を殺さなきゃいけないのか」と呟く虎杖

それに対して、隣で聞いていた伏黒が「いや…いくつか考えがある」と答えるのでした。

それぞれの役割

情報が整理できたところで、真希それぞれの役割を確認します。

脹相九十九天元の護衛のために残ります。

出典:呪術廻戦146話より

ポイント

ポイント

  • いち早く結界に入って回游に参加する
  • 少しでも回游についての情報を集める
  • 身内同士で潰し合うことがないように、また、津美紀に何かあった時のために近場の結界は避ける

結界で電波が断たれるかもしれないので、「しばらく連絡取れないかも」と乙骨

そのとき、虎杖乙骨があることに気づきます

それは、前に交わした「もし次俺が宿儺(すくな)と代わったら迷わず殺してくれ」という約束についてです。

  • 乙骨虎杖の近くにいた方が伏黒は安全
  • しかし戦力的には乙骨が単独で動いた方が効率がいい

以上のことを考え、2人は悩みますが、「言ってる場合か、大丈夫だ」と伏黒虎杖の胸を拳で叩いて答えます。

心配そうな虎杖に対して、「そん時は俺が死んだ後、しっかり殺してもらえ」と伏黒は伝えるのでした。

真希から「オマエらは予定通り金次のとこ行け」と言われる虎杖伏黒

金次とは停学中の3年生、秤金次(はかりきんじ)のことです。

人手が足りないのでなにがなんでも駆り出せ、と指示される虎杖達。

その人強いの?」とたずねる虎杖乙骨が「ムラっ気があるけど、ノッてる時は僕より強いよ」と答えるのでした。

脹相と虎杖の別れ

それぞれの行動が決まり、白い空間から出ていこうとする虎杖伏黒乙骨真希の4人。

そのとき、虎杖が立ち止まり、「脹相」と声をかけます。

出典:呪術廻戦146話より

約1週間、廃墟(はいきょ)と化した東京で共に呪霊狩りを続けてきた脹相に対し、虎杖は振り返り、「ありがとう、助かった」と伝えます。

そんな虎杖に、脹相は目を閉じて「…死ぬなよ」と答えます。

手を上げて去っていく虎杖を見送り、目を片手でおおって俯(うつむ)く脹相

そんな脹相無言で見つめる天元と、「泣いてんの?」とつっこむ九十九に対して、しっしっと手で追い払う仕草をする脹相でした。

新たな泳者(プレイヤー)の登場

場所は変わって、お笑い劇場のような舞台に立つ1人の芸人男性高羽

ネタが盛大にスベってしまい、観客の拍手もまばらに終わってしまいます。

楽屋裏に戻ると、先輩の芸人に「やめてまえ」「オマエにできる向いてることをせぇ」と怒鳴られます

ドアを荒々しく開けて出ていった先輩芸人。

部屋にはもう1人、高羽からケンさんと呼ばれる芸人がおり、「俺は嫌いやなかったで高羽のネタ」と伝えます。

売れる芸人には「ずっとおもろい奴」と「ずっと自分のことをおもろいと勘違いできる奴」の2種類いるとして、高羽に「オマエはどっちや」とたずねます。

出典:呪術廻戦146話より

俯いていた高羽はその言葉に目を見開き、「五分だ五分だと言うけれど…」と呟きます。

本当は七三(しちさん)くらいが……」と続ける高羽の背後から、禍々(まがまが)しい呪力が立ちのぼります

死滅回遊泳者 高羽史彦(たかばふみひこ)

新たな泳者(プレイヤー)がまた1人判明するのでした。

呪術廻戦146話の登場キャラクター

呪術廻戦146話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

146話登場キャラクター

次回のあらすじ

【呪術廻戦】147話「パンダだって」
【呪術廻戦】147話あらすじ・ネタバレ【夜蛾とパンダ「親子」の絆】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ