あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】144話あらすじ・ネタバレ【虎杖達の前に謎の術師現る!】

呪術廻戦144話『あの場所』ネタバレ・あらすじ

呪術廻戦144話あの場所(あのばしょ)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦143話より

脹相のが入り、苦しむ直哉

そんな直哉に乙骨はある提案をします。

僕の反転術式、他人(ひと)も治せますよ」「その代わり、虎杖君の死はアナタの口からも上に報告して下さい

虎杖が「パッ」と目を覚ますとそこには乙骨がいました。

乙骨は五条に頼まれ、虎杖の死刑執行人の芝居をしていたのです。

虎杖の前にも登場し、加茂憲倫(かものりとし)が仕組んだ死滅回游(しめつかいゆう)という死のゲームが始まることを告げるのでした。

呪術廻戦144話のあらすじ・ネタバレ

虎杖と乙骨の約束

加茂憲倫(かものりとし)が仕組んだ呪術を与えられた者達の殺し合い死滅回游(しめつかいゆう)

死滅回游に津美紀(つみき)も巻き込まれてる」「頼む虎杖、オマエの力が必要だ」と言う恵。

人を助けろ」という祖父の言葉を思い出した虎杖は「乙骨先輩」と言い、以下のことを伝えます。

出典:呪術廻戦144話より
  • 宿儺(すくな)が伏黒で何か企(たくら)んでいる
  • 渋谷でアイツ(宿儺)に肉体を取られたのは一度に指を10本も食わされたから
  • 現在、自分の中に指は15本ある
  • 残り5本を一度に食わされても肉体は乗っ取られないと思う
  • もし次に宿儺と代わったら迷わず殺してほしい
  • 乙骨先輩ならできると思う

以上のことを乙骨に伝えた虎杖。

乙骨は「分かった、死力(ベスト)を尽くすよ」と言うのでした。

今後の動向(どうこう)

伏黒、俺は何をすればいい」と聞く虎杖に対し、恵は以下のことを伝えます。

出典:呪術廻戦144話より
  • まずは高専に戻り、天元様と接触する
  • 死滅回游は未曾有(みぞう)の呪術テロ
  • 獄門疆(ごくもんきょう)の封印の解き方
  • 加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方
  • 事態を収拾(しゅうしゅう)するにはこの2つの回答がマスト
  • この問いに答えられるのは天元様しかいない

以上のことを虎杖に伝える恵。

九十九(つくも)さんは知らねぇかな」と言う虎杖に対し「九十九さんとはもう話した、これはあの人の案だ」と恵は答えるのでした。

恵曰(いわ)く、九十九は上層部と関わりたくないので、高専に潜伏してるとのことです。

問題は天元様の隠す結界なんだ」と言う乙骨。

問題

  • シャッフルが繰り返される1000以上の扉
  • その内の1つが天元様のいる薨星宮(こうせいぐう)へと繋がっている

つまり、それを引き当てなければ、天元様には会えないということです。

天元様の問題点を喋っている途中、虎杖は急に真剣な顔になり、「ごめん伏黒、やっぱ今聞くわ」と言うのでした。

出典:呪術廻戦144話より

釘崎(くぎさき)はどうなった」と聞く虎杖。

伏黒は目線を落とし、少し残念そうな顔をします。

その顔を見て察知した虎杖は、「そうか、分かった」と言い、拳(こぶし)を強く握るのでした。

出典:呪術廻戦144話より

その隠す結界とやら、なんとかなるかもしれんぞ」と言い、暗闇から現れる脹相(ちょうそう)

脹相の案

  • 以前真人が宿儺の指と呪胎九相図(じゅたいくそうず)を盗み出した
  • それと同じことをする

禪院真希(ぜんいんまき)生存確認

虎杖達は高専に戻り、九十九達と合流します

出典:呪術廻戦144話より

九十九と一緒にいたのは真希です。

久しぶりって訳でもねぇか」と言う真希。

真希の顔は火傷(やけど)の跡が残っており、髪も短くなっていました

見た目がガラッと変わった真希を見て「真希先輩!?」と聞く虎杖。

そして「真希さん!」と言って駆け寄る乙骨は「もう動いていいの?」と聞くのでした。

応(おう)、問題ねぇ」と答える真希。

そんな会話を聞いていた九十九は、以下のことを語ります。

  • 火傷は仕方ない
  • 反転術式でも跡は残る
  • でも流石は天与呪縛(てんよじゅばく)のフィジカルギフテッド
  • 最後の最後で呪いへの耐性ではなく、生来(せいらい)の肉体の強度が生死を分けた

以上のことを語り「当主のことは残念だったね」と九十九が言うと「別に競ってたわけじゃないっスよ」と真希は返します。

脹相(ちょうそう)の作戦

出典:呪術廻戦144話より

真希は恵に天元様の結界のことを聞きます。

俺から話そう」と前に出る脹相。

作戦

  • 扉から薨星宮の途中には高専が呪具や呪物を保管している忌庫(きこ)がある
  • 忌庫には脹相の弟達の亡骸(なきがら)が在る
  • 亡骸でも6人も揃えば術式の副次的効果(ふくじてきこうか)で気配が分かる

脹相の弟達の名前

  • 膿爛相(のうらんそう)
  • 青瘀相(しょうおそう)
  • 噉相(たんそう)
  • 散相(さんそう)
  • 骨相(こっそう)
  • 焼相(しょうそう)

つまり、忌庫が分かれば薨星宮まで辿り着けるということです。

それはいいとしてコイツは誰だ」と言う真希。

虎杖は「とりあえず俺の兄貴ってことで」と言います。

悠仁ー!!」と叫ぶ脹相を無視し、虎杖は「行こう」と言うのでした。

謎の術師現る

虎杖達は扉に到着します

間違いない、この先に弟達が眠っている」と言う脹相。

出典:呪術廻戦144話より

開けるぞ」と虎杖が言い、扉を開けると先は崖(がけ)になっていました。

降りよう、奥に薨星宮へと続く昇降機(しょうこうき)がある」と言う九十九。

奥に進むと忌庫があり、脹相は立ち止まります

脹相」と呼ぶ虎杖に対し「分かってる」と答え「後で迎えにくる、もう少し待っててくれ」と脹相は言うのでした。

昇降機に到着し、更に下へと進む虎杖達。

虎杖は薨星宮に向かっている途中血痕(けっこん)を見つけて「何かあったのかな」と呟きます。

11年も前の話さ」「今思えば全ての歪(ひず)みはあの時始まったのかもしれない」と言い、禪院甚爾(ぜんいんとうじ)を思い出す九十九。

九十九が「さぁ皆、本殿はこの先だよ」と言い、到着するとそこは真っ白な空間でした。

出典:呪術廻戦144話より

なんもねぇ」「これが本殿?」と慌ただしくなる虎杖達

九十九は「いや、私達を拒絶しているのさ」と言い、以下のことを考えます。

  • 天元は現(うつつ)に干渉(かんしょう)しない
  • 六眼(りくがん)が封印された今なら接触可能だと踏んだが見通しが甘かった
  • 拒絶されているのは私(九十九)達ではなく私(九十九)

恵は少し焦った顔をします。

戻ろうか、津美紀さんには時間がない」と言う乙骨。

ですが次の瞬間、「帰るのか?」と言う声が虎杖達の背後から聞こえます

出典:呪術廻戦144話より

振り返るとそこには謎の術師がいて「初めまして禪院の子、道真(みちざね)の血、呪胎九相図、そして宿儺の器」と語りかけてくるのでした。

呪術廻戦144話の登場キャラクター

呪術廻戦144話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

144話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 乙骨憂太(おっこつゆうた)
  • 脹相(ちょうそう)
  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 九十九由基(つくもゆき)

次回のあらすじ

【呪術廻戦】145話「裏」
【呪術廻戦】145話あらすじ・ネタバレ【五条復活の鍵を握る人物現る!】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-