あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】143話あらすじ・ネタバレ【死滅回游(しめつかいゆう)が始まる!】

呪術廻戦143話『もう一度』ネタバレ・あらすじ

呪術廻戦143話もう一度(もういちど)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦142話より

脹相(ちょうそう)と禪院直哉(ぜんいんなおや)の勝負が決着。

脹相は呪力が枯渇(こかつ)しない限り失血死することがありません。

その事を活かし、大量の血で直哉を追い込みます

血に触れてしまった直哉は「足が重い」と感じるのでした。

後は分かるな、詰みだ」と言う脹相。

脹相は『穿血(せんけつ)』を出すふりをして『超新星(ちょうしんせい)』を直哉に食らわせます

ですが次の瞬間、脹相の背後に乙骨が登場。

脹相は一瞬で倒され、「辛そうですね、直哉さん」と言うのでした。

呪術廻戦143話のあらすじ・ネタバレ

反転術式

出典:呪術廻戦143話より

乙骨は直哉を見て「辛そうですね、直哉さん」と言うのでした。

直哉は「見下ろすなや」と思いながら睨(にら)みます

次の瞬間、「オエエッ」と嘔吐(おうと)する直哉。

なんやこれ?毒?」「赤血操術(せっけつそうじゅつ)にそんな効果が?」と感じる直哉でしたが、「あの血液量、アイツ(脹相)人間ちゃうかったんや」と気づきます。

脹相(ちょうそう)受肉体(じゅにくたい)であることに気づいた直哉。

そんな直哉に対し、乙骨は「治しましょうか?」と言います。

乙骨は治すかわりに「虎杖君の死はアナタの口からも上に報告して下さい」と告げるのでした。

両親の記憶

出典:呪術廻戦143話より

仁(じん)、おい、仁

仁という男の名前を呼ぶ虎杖の祖父

仁は赤ん坊を抱えながら「なんですか、父さん」「彼女の話をするなら帰りますよ」と言います。

祖父は「仁、オマエがどう生きようとオマエの勝手だ」「だが、あの女だけはやめとけ、死ぬぞ」と告げるのでした。

悠仁(ゆうじ)の前で変な話はやめて下さい」「案外覚えているそうですよ、赤ん坊の記憶」と言う仁。

祖父の発言

  • 仁は子どもを欲しがっていた
  • 香織(かおり)という女性との間にそれは叶わなかった

祖父が香織が死んだ理由を言おうとした瞬間、額に傷痕(きずあと)がある女性が「お義父(とう)さん、なんの話ですか?」と割り込んでくるのでした。

虎杖復活

出典:呪術廻戦143話より

虎杖は両親の記憶を見ている途中に「ハッ」と目が覚めます。

起き上がると目の前にいたのは乙骨でした。

よかった〜」と笑いながら言う乙骨。

乙骨は、五条に虎杖のことを頼まれていて、芝居(しばい)をしていたことを告げます。

乙骨と五条の会話

  • 嫌な予感がする
  • もし(五条に)何かあったら1年と2年のことを乙骨に頼みたい
  • 特に1年の虎杖は注意を払ってほしい

以上のことを五条と話していた乙骨。

そしてなぜ芝居をしていたのかを虎杖に話します。

理由

  • 自分(乙骨)以外の執行人(しっこうにん)を立てられないように自分が執行人となった
  • 総監部(そうかんぶ)に執行人として認めてもらう代わりに虎杖を殺すという縛りを結んだ

だから一度殺した、本当にごめんね」と謝る乙骨。

なぜ生きてるのか聞く虎杖に対し、乙骨は「反転術式(はんてんじゅつしき)だよ」と答えます。

乙骨は虎杖の心臓を止めると同時に、反転術式で一気に治癒(ちゆ)したのです。

これで虎杖の死を偽装(ぎそう)するのは2回目。

すぐにバレるかもしれないが、とりあえず執行済みになると言う乙骨。

虎杖は「どうして、そこまでして」と口にするのでした。

伏黒恵登場

出典:呪術廻戦143話より

どうして、そこまで」と言う虎杖に対し、乙骨は「僕が大切にしている人達が君を大切にしているからだよ」と答えます。

自分(乙骨)も一度見に余る大きな力を背負ったことがあると言う乙骨。

ですが、それは背負わされたのではなく、乙骨自身が招(まね)いたものだったのです。

乙骨は「君とは違う、君の背負った力は君の力じゃない」「君は悪くない」と慰(なぐさ)めるのでした。

違うんだ、俺のせいとかそういう問題じゃなくって」と呟く虎杖。

俺は人を殺した」と言おうとした瞬間、背後から恵が現れます。

何してんだ、さっさと高専(こうせん)戻るぞ」と言う恵に、虎杖は「当たり前のように受け入れるな」「なかったことにするんじゃねぇ」と言うのでした。

人を殺した、自分(虎杖)のせいで大勢死んだ発言した虎杖に対し、「俺達のせいだ」「オマエ独りで勝手に諦めるな」と言う恵。

虎杖は「そりゃオマエはそう言うさ」と内心思っています。

死滅回游(しめつかいゆう)

出典:呪術廻戦143話より

俺達は正義の味方(ヒーロー)じゃない」「呪術師だ」と口にする恵は以下のことを語り出します。

  • 自分(恵)達を本当の意味で裁(さば)ける人間はいない
  • 自分達は存在意義(そんざいいぎ)を示し続けなければいけない
  • 自分のことを考える暇はない
  • ただひたすらに人を助ける

以上のことを語った恵。

恵の話を聞いた虎杖は「違うんだ、伏黒」「それじゃオマエは俺が隣(となり)にいる限り、ずっと苦しむことになるんだぞ」と思っていました。

ですが、恵は「まずは俺を助けろ、虎杖」と言い、頼み事をします。

その頼み事とは、加茂憲倫(かものりとし)が仕組んだ呪術を与えられた者達の殺し合い死滅回游(しめつかいゆう)』のことです。

死滅回游に姉である津美紀(つみき)が巻き込まれたと言う恵。

恵は「頼む、虎杖」「オマエの力が必要だ」と言うのでした。

死滅回游のルール

  • 1、プレイヤーは術式覚醒後、19日以内に任意の結界にて死滅回游への参加を宣誓(せんせい)しなければいけない
  • 2、前項に違反したプレイヤーからは術式を剥奪(はくだつ)する
  • 3、非プレイヤーは結界に侵入した時点でプレイヤーとなり、死滅回游への参加を宣誓したものと見做(みな)す
  • 4、プレイヤーは他プレイヤーの生命を絶つことで点を得る
  • 5、点とは管理者によってプレイヤーの生命に懸(か)けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点とする
  • 6、プレイヤーは自身に懸けられた点を除いた100得点を消費することで、管理者と交渉し、死滅回游にルールを1つ追加できる
  • 7、管理者は死滅回游の永続(えいぞく)に著(いちじる)しく障(さわ)る場合を除き、前項によるルール追加を認めなければいけない
  • 8、参加または点取得後、19日以内に得点の変動が見られない場合、そのプレイヤーからは術式を剥奪する

以上が死滅回游のルールです。

呪いの海を廻(めぐ)る、死のデスゲームが始まるのです。

呪術廻戦143話の登場キャラクター

呪術廻戦143話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

143話登場キャラクター

  • 乙骨憂太(おっこつゆうた)
  • 禪院直哉(ぜんいんなおや)
  • 虎杖仁(いたどりじん)
  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)

呪術廻戦143話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦143話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
乙骨憂太 反転術式はんてんじゅつしき

次回のあらすじ

呪術廻戦144話『あの場所』ネタバレ・あらすじ
【呪術廻戦】144話あらすじ・ネタバレ【虎杖達の前に謎の術師現る!】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-