あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】142話あらすじ・ネタバレ【脹相(ちょうそう)VS禪院直哉(ぜんいんなおや)決着!】

呪術廻戦142話『お兄ちゃんの背中』

呪術廻戦142話お兄ちゃんの背中(おにいちゃんのせなか)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

出典:呪術廻戦141話より

虎杖乙骨激しい攻防戦が続きます。

虎杖は「まずはこの刀をなんとかしねぇと」と考えるのでした。

車の窓をすり抜け、置いてあったサバイバルナイフを使う虎杖

虎杖は、ダメージを負いながら、乙骨の刀を折ることに成功するのでした。

虎杖もサバイバルナイフを折られ、お互いが丸腰の状態になります。

今がチャンスだと思った瞬間、背後から祈本里香が登場し、虎杖は重傷を負うのでした。

【呪術廻戦】141話あらすじ・ネタバレ【祈本里香(おりもとりか)登場!】

続きを見る

呪術廻戦142話のあらすじ・ネタバレ

赫鱗躍動・載(せきりんやくどう・サイ)

出典:呪術廻戦142話より

脹相(ちょうそう)と禪院直哉(ぜんいんなおや)の激突(げきとつ)。

兄さ、10人兄弟のな」と言う脹相

直哉は「答えになってへんねん」「俺は術式とそのしぶとさのことを聞いてんねん」と言い、攻撃を仕掛けます

しかし、脹相も直哉の圧倒的なスピード目で追い攻撃を合わせるのでした。

合わせてきよった、成程(なるほど)な」「赤鱗躍動(せきりんやくどう)か」と言う直哉。

ポイント

  • 能力を外眼筋(がいがんきん)に集中させ、動体視力を上げる
  • (サイ)とは技の出力を最大限に上昇させたもの

脹相が合わせた攻撃を間一髪(かんいっぱつ)で避ける直哉

直哉は「残念、こっちはカウンター前提で動き作っとんのや」と言い、「ドスッ」と脹相腹部攻撃するのでした

兄弟

出典:呪術廻戦142話より

攻撃を食らった脹相は「クソ」と言いながら、異変に気付きます。

脹相の腹部は「ドッ」と出血しているのでした。

君しつこいから使わせてもろたで、得物(えもの)」と言う直哉。

直哉は「赤血操術(せっけつそうじゅつ)やし止血はお手のもんやろ」「止血に気ぃ回しながらどこまで俺とやれるか試してみよか」と言いながら、得物を鞘(さや)へと収めるのでした。

用意がいいな」と言う脹相

直哉は「内緒やで」と言い、以下のことを話すのでした。

  • 術師が得物を持ち歩くのはダサい
  • それがないと勝たれへんと思われる
  • 直哉の兄達はブラブラと得物を持ち歩いてみっともない

以上のことを言い、「よぉアレで甚爾(とうじ)君のことやいやい言えたもんや」と愚痴るのでした。

脹相が「嫌いなんだな、兄弟が」と言うと「嫌いやね」と直哉は答えます。

直哉は「弟よりデキの悪い兄なんか居(お)る意味ないやろ」「首括(くく)って死んだらええねん」と呟くのでした。

脹相(ちょうそう)の強み

出典:呪術廻戦142話より

直哉の言葉を聞いた脹相は「その兄弟達のおかげで今のオマエがあるのかもしれんぞ」と言うのでした。

は?今めっっちゃキショいこと言うた?」「ドン引きやわ」と返す直哉。

しかし、脹相は口を閉ざさずに語り出すのでした。

  • デキが良かろうと悪かろうと兄は弟の手本
  • 兄が道を誤(あやま)ったのなら弟はその道を避ければいい
  • 兄が正道(せいどう)を歩んだのなら弟は後をついてくればいい

オマエが強いのはオマエの兄が弱いおかげだったらどうする?」と言う脹相

脹相は「何故俺がしぶといのか聞いたな」と言い「教えてやる、俺には手本がない、何度も何度も間違える」「それでも弟の前を歩き続けなければならん」「だから俺は強いんだ」の言うのでした。

特異体質(とくいたいしつ)

出典:呪術廻戦142話より

脹相出血していた腹部から大量の血が「ドクドク」と流れ「ザパ」と直哉の方に向かっていくのでした。

どーいうこっちゃ!?」「なんでこの出血で生きとんねん」と感じる直哉。

ポイント

  • 九相図は呪霊と人間の混血(こんけつ)
  • 呪力を血液へと変換できる特異体質(とくいたいしつ)
  • 呪力が枯渇(こかつ)しない限り失血死することもない

脹相は、自分の大量の血を操り、直哉に攻撃するのでした。

脹相VS直哉決着

出典:呪術廻戦142話より

ヤバイ、距離をとらされた上に大量の血で奴を見失った」と焦る直哉。

大量の血の中から更に攻撃がくるのに対し、直哉は「トロい攻撃や、やっぱ出血で死にかけなんやろ」と思いながら避けるのでした。

ですが、その攻撃はおとりで、脹相は横から『穿血(せんけつ)』を繰り出します。

間一髪でかわす直哉

ですが、大量の血が直哉を追います。

この血を被るわけにはいかん」と感じた直哉に対し、蹴りを繰り出す脹相

直哉は腕で防ぐのですが、その隙に血を浴びてしまうのでした。

足が重い」と感じる直哉。

脹相穿血の構えをしながら「後は分かるな、詰(つ)みだ」と伝えるのでした。

直哉の術式は、事前に24fpsで作った動きを後追いします

この程度の足止めやったら問題なく動ける」と思った直哉は「試してみぃや」と返すのでした。

2人は一定の距離を保ち、睨み合います。

先に動いたのは直哉

直哉の術式は、一度動きを決めたら変えれません

直哉が動いたのにも関わらず、何もしない脹相を見て「なんで(穿血)撃ってこぉへんのや」と思う直哉。

脹相は、穿血を撃つふりをして『超新星(ちょうしんせい)』を繰り出すのでした。

圧倒的な乙骨

出典:呪術廻戦142話より

超新星150年間自らの術式と向き合い続けた脹相のオリジナルです。

超新星もろに食らってしまう直哉

勝負が決着し、脹相は「悪いが兄弟を愛せなかったオマエの気持ちは分からん」と言うのでしたが、次の瞬間、背後に気配を感じるのでした。

背後にいたのは乙骨です。

乙骨は、片手に虎杖を持ちながら、脹相に数発パンチを食らわします。

パンチを食らった脹相倒れ込み乙骨は「辛そうですね、直哉さん」と言うのでした。

呪術廻戦142話の登場キャラクター

呪術廻戦142話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

142話登場キャラクター

呪術廻戦142話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦142話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
脹相 赤血操術せっけつそうじゅつ
禪院直哉 投射呪法とうしゃじゅほう

次回のあらすじ

呪術廻戦143話『もう一度』ネタバレ・あらすじ
【呪術廻戦】143話あらすじ・ネタバレ【死滅回游(しめつかいゆう)が始まる!】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ