あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】135話あらすじ・ネタバレ【裏梅の強さ】

呪術廻戦135話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦135話渋谷事変52(しぶやじへん52)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

術式によって真人を取り込んだ夏油と交戦する京都校の面々。

しかし、呪霊操術極ノ番「うずまき」をはじめとした夏油の圧倒的な力の前に、なす術がありません。

そこへ脹相が現れ、夏油の正体が加茂憲倫であるということが明らかになりました。

母を弄び弟である虎杖を殺させようとした偽夏油/加茂憲倫に、怒りを隠せず襲いかかる脹相でしたが、そこに裏梅が立ちはだかるのでした。

呪術廻戦132話のあらすじ・ネタバレ

脹相と兄弟

出典:呪術廻戦135話より

脹相は術式の影響で、血の繋がった弟達の異変はどんなに遠くにいても感じ取れるようです。

そして、脹相は虎杖を殺そうとした時、虎杖の死を眼前で強烈に感じ取っていました。

ここから導き出される事実は、虎杖も脹相と血の繋がった兄弟であるということです。

脹相は、加茂憲倫が身体を転々とし生き永らえているならば、虎杖が兄弟であるのもありえない話ではないと考えています。

脹相は、「ならば俺は、全力でお兄ちゃんを遂行する」と決意を固めるのでした。

脹相 VS 裏梅・偽夏油

出典:呪術廻戦135話より

脹相は自身の呪力を血液に変え臨戦態勢を取ると、そのまま目にも留まらぬ速さで「穿血」を裏梅に放ちます。

裏梅はとっさに防御しますが、その速度に対応しきることができず、右手を貫かれてしまいました

さらに、血を操作して地面をえぐり取ることで、偽夏油と裏梅を分断します。

その後は、脹相と偽夏油の肉弾戦です。

攻撃をいなしながら「無理をするなよ。疲れてるだろ」と煽る偽夏油に、「それが弟の前で、命を張らない理由になるのか?」と返す脹相。

その様子を見ていたパンダは、思わず「東堂といい、ヤバイフェロモンでも出でるんじゃないのか?」と虎杖にこぼします。

裏梅の術式

出典:呪術廻戦135話より

脹相のおかげで場はかなり乱れました。

虎杖たちは、まだ残機が2つ残っているパンダを前に出しつつ全員で攻勢に転ずることで、なんとか獄門疆ごくもんきょうを奪還しようとします。

しかし、その作戦は失敗に終わってしまいました。

西宮が空中で臨戦態勢を取り、パンダが「激震掌どらみんぐびーと」を発動しようとしたその時、裏梅が「霜凪」を発動したのです。

裏梅は、「氷凝ひこり呪法」という氷の術式の使い手でした

しかもその練度はかなり高いために、みな氷漬けになってしまいます。

体が割れかねないために、下手に動くこともできません。

メッセンジャーが必要だから殺してはならない、と指示する偽夏油に対し、裏梅はそれは全員生かす理由にならないと答えつつ、反転術式で脹相から受けた傷を癒やします。

対裏梅戦

出典:呪術廻戦135話より

半身を凍らされた脹相は「赤鱗躍動」で氷を溶かそうとしますが、裏梅はその隙を逃さず追撃します。

絶体絶命かと思われたその時、虎杖が飛び蹴りで脹相の氷を破壊しつつその場から離脱させました。

どうやら宿儺の関連か、虎杖だけ氷結が甘かったようです。

裏梅は、虎杖の無茶な戦闘に「誰の肉体だと......!!」と苛立ちを隠せません。

一方虎杖は、助けた脹相に「味方でいいんだな!?」と問いますが、「違う。俺はお兄ちゃんだ」と返され思わず脱力するのでした。

また、そこで生まれた隙に乗じて、西宮が急降下し「鎌異断」を放ちます。

しかしこれは、裏梅に片手であしらわれてしまいました。

もはや動けるのはこの場の三人(虎杖・脹相・西宮)だけであり、西宮は、歌姫の準備ができるまで虎杖となんとか時間を稼ごうとします。

しかし裏梅が、伝達役なんて虎杖悠仁一人で事足りる、と「直瀑」を発動したことで戦況は一変します。

九十九由基、現る

出典:呪術廻戦135話より

虎杖・脹相・西宮の三人は氷漬けにされてしまい、さらに頭上に大量の鋭利な氷柱が出現。

思わず死を覚悟した三人の下に、ここで突如登場したのが九十九でした。

九十九は裏梅の氷柱を破壊しつつ、偽夏油に「あのときの答えを聞かせてもらおうか。どんな女が好みたいぶだい?」と問うたところで、135話は終了します。

呪術廻戦135話の登場キャラクター

呪術廻戦135話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

135話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 脹相(ちょうそう)
  • 裏梅(うらうめ)
  • 偽夏油/加茂憲倫(にせげとう/かものりとし)
  • 加茂憲紀(かものりとし)
  • 西宮桃(にしみやもも)
  • パンダ(ぱんだ)
  • 日下部篤也(くさかべあつや)
  • 九十九由基(つくもゆき)

呪術廻戦135話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦135話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
脹相 穿血せんけつ
パンダ 激震掌どらみんぐびーと(不発)
裏梅 霜凪しもなぎ
裏梅 反転術式はんてんじゅつしき
脹相 赤鱗躍動せきりんやくどう
西宮桃 鎌異断かまいたち
裏梅 直瀑ちょくばく

次回のあらすじ

呪術廻戦136話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】136話あらすじ・ネタバレ【偽夏油 VS 九十九由基】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-