あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】132話あらすじ・ネタバレ【真人戦決着】

呪術廻戦132話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦132話渋谷事変49(しぶやじへん49)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

真人は「黒閃」を経て自身の本当のむき出しの魂を理解し、「遍殺即霊体へんせつそくれいたい」という新たな姿へと変身しました。

そして、その進化の仕上げとして虎杖を殺すと宣言し、虎杖に襲いかかります。

強大なパワーと防御力を手に入れた真人に、虎杖の攻撃はなかなか攻撃が通りません。

苦戦を強いられる虎杖は、呪霊として変身前とは別次元の存在となった真人を倒すためには、最大出力の「黒閃」を決めるしかないと悟ります。

虎杖真人も身体の限界を迎えていましたが、最後の一撃を放つため、両者は拳に呪力を込めるのでした。

呪術廻戦131話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】131話あらすじ・ネタバレ【真人戦、最終局面】

続きを見る

呪術廻戦132話のあらすじ・ネタバレ

真人の作戦と逕庭拳

出典:呪術廻戦132話より

黒閃」は稀な現象であり、狙って出せる術師は存在しません。

しかし、今の虎杖には「狙って出している」と思わせるだけの凄みがあるようです。

真人は、虎杖の「黒閃」への対策を練ります。

それは具体的には次のようなものでした。

ポイント

  • 自身の身体のサイズを変えることで、ミートをずらす
  • 一部「遍殺即霊体」を解除し、その部分を呪力でカバーする
  • 拳に呪力を集中させている虎杖の首をカウンターで落とす

虎杖の攻撃は芯を外し、この作戦は見事成功したかに見えました。

しかし、真人のカウンターが虎杖に迫ったその瞬間、真人の身体に時間差の衝撃が襲います。

これは逕庭拳けいていけん」によるものでした。

逕庭拳けいていけん」は元々呪力が身体に遅れる虎杖の悪癖から生まれた技であり、呪力操作の精度の上昇と共に失ったものです。

ですが、脹相戦で再発した際に、虎杖はそれを再び技として昇華していたのでした。

不義遊戯と黒閃

出典::呪術廻戦132話より

ここで、東堂真人に語りかけます。

曰く、腕は飾りであり拍手とは魂の喝采であるのだと。

そして、失った左手の断面と右手を勢いよく叩きつけました。

これを見た真人は、入れ替わりに備えて攻撃を停止してしまいます。

しかし、実際は虎杖東堂は入れ替わっていませんでした。

東堂は心なしか微笑みながら、「残念だったな。俺の「不義遊戯じゅつしき」はもう死んでいる」と種明かしをします。

そして、そんな真人の隙を逃すこと無く、虎杖は「黒閃」を叩き込むのでした。

真人は吹き飛ばされ、地面に勢いよく叩きつけられます。

虎杖の決意

出典::呪術廻戦132話より

虎杖の攻撃を受け立ち上げるものの、身体は限界を迎えており思わず嘔吐する真人

膝をつきながらも戦意を失わず作戦を立てる真人に、虎杖「認めるよ、真人と、話を始めます。

「俺はオマエだ」と。

ポイント

  • ずっと真人を否定したかったが、今はもう真人を殺すだけだ
  • それに意味も理由もいらない
  • 今の行いに意味が生まれるのはずっと後で、自身は歯車の一つ
  • それでも錆びつくまで呪いを殺し続けるのが、自身の役割だ

その言葉を耳にした真人は、虎杖に背を向けて逃げ出します。

両者の姿は、まるで雪原の兎と狼のようでした。

偽夏油の登場

出典::呪術廻戦132話より

ほうほうの体で逃げる真人とそれを追う虎杖の前に現れたのは、夏油でした。

倒れ込みそうになる真人の前に立った偽夏油が、「助けてあげようか」と声をかけるところで132話は終了します。

呪術廻戦132話の登場キャラクター

呪術廻戦132話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

132話登場キャラクター

呪術廻戦132話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦132話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
真人 遍殺即霊体へんせつそくれいたい
虎杖悠仁 逕庭拳けいていけん
東堂葵 不義遊戯ぷぎうぎ(不発)
虎杖悠仁 黒閃こくせん

次回のあらすじ

呪術廻戦133話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】133話あらすじ・ネタバレ【虎杖VS偽夏油】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ