あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】127話あらすじ・ネタバレ【東堂の言葉が虎杖を動かす】

呪術廻戦127話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦127話渋谷事変44(しぶやじへん44)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

度重なる敗北や仲間の死に追い打ちとなった釘崎の瀕死で、虎杖の精神はとうに限界を迎えていました。

絶望で動くことが出来ない虎杖に対し、調子を取り戻した真人は「黒閃」を発動。

さらに虎杖の甘い現状認識を責め立て、肉体的にも精神的にも虎杖を追い込んでいきます。

戦う気力を無くし、なす術なく蹂躙じゅうりんされる虎杖の窮地を救ったのは、京都校の東堂と新田でした。

東堂は不義遊戯(ブギウギ)で真人を攪乱かくらんし、新田は釘崎や虎杖の治療に取り組みます。

呪術廻戦127話のあらすじ・ネタバレ

虎杖の告白

東堂にピンチを救われた虎杖でしたが、「俺は...もう戦えない...!!」と、横たわりながら自身の身体を抱きしめます。

宿儺が殺したよりも多くの人を救おうとした虎杖でしたが、結果的には釘崎も七海も救うことができませんでした。

そんな自分はただの人殺しであり、虎杖が信念と思っていたのは、虎杖のための言い訳であった、と。

虎杖の脳内に過るのは、「オマエがいるから人が死ぬんだよ」という宿儺の言葉です。

虎杖は重ねて「俺はもう俺を許せない」と言います。

東堂の信念

絶望する虎杖に真人は容赦無く襲いかかりますが、東堂がすかさず「不義遊戯ぷぎうぎ」を発動して救出しました。

東堂はその後も新田や虎杖、自身の位置を的確に入れ替え、真人を混乱させると同時に反撃を加えていきます。

真人は東堂の術式を把握していますが、それでもかなり混乱している様子です。

東堂は、相変わらず戦う気力を失っている虎杖に対し、げきを飛ばします。

東堂は、呪術師はあらゆる仲間全員で呪術師であり、自分たちが生きている限り、死んでいった仲間達が真に敗北することはないと言うのでした。

その上で改めて、虎杖に「オマエは何を託された?」と問います。

その問いに今すぐ答えを出す必要はないが、答えが出るまで決して足を止めてはならない、と重ねて言うと、東堂は真人に向かって駆け出しました。

釘崎生存か

東堂は、「あのことを今の虎杖に言う必要はないな」と、意味深なことを頭の中で呟きます。

そして、ここで新田の術式が虎杖に施されました。

新田の術式は、今ある傷がこれ以上悪化せず出血や痛みが和らぐ、というものでした。

ただし、この後に喰らった傷については術式対象外であるようです。

新田は釘崎にも同じ処置をしたようで、「呼吸も脈も止まっていたが助かる可能性は0じゃない」と言い、釘崎を連れて離脱しました。

虎杖はわずかに希望を取り戻したような表情を浮かべています。

虎杖、復活!!

場面は東堂と真人の戦いに切り替わります。

真人は東堂に触れようとしますが、不義遊戯ぷぎうぎにうまく対応できません。

どうやら東堂は、虎杖と距離を取りながら真人をいなしているようです。

真人は術式のトラップも仕掛けますが、東堂はうまくかわしました。

真人は、東堂の位置替えに次こそ対応しようと体勢を整えると共に、「黒閃」を再び発動しようとします。

真人は、次の「黒閃」で自身の魂の本質に辿り着けると考えているようです。

しかし、東堂が手を叩いた瞬間、真人の側に現れたのは虎杖でした

虎杖は拳を構えながら、七海の「後は託します」との言葉を思い返し、罪を逃げる言い訳にしようとしたことを謝ります。

そして「黒閃」を真人に叩き込むと、「俺、ナナミンの分までちゃんと苦しむよ」と決意を固めるのでした。

東堂が「おかえり」と言い、虎杖が「応!」と答えたところで127話は終わります。

呪術廻戦127話の登場キャラクター

呪術廻戦127話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

127話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 東堂葵(とうどうあおい)
  • 新田新(にったあらた)
  • 真人(まひと)

呪術廻戦127話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦127話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
東堂葵 不義遊戯ぷぎうぎ
新田新 反転術式はんてんじゅつしき
虎杖悠仁 黒閃こくせん

次回のあらすじ

呪術廻戦128話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】128話あらすじ・ネタバレ【メカ丸の思い、東堂の奮闘】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-