あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】123話あらすじ・ネタバレ【釘崎の面目躍如】

呪術廻戦123話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦123話渋谷事変41(しぶやじへん41)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

虎杖真人の実力は伯仲しており、戦闘は継続中です。

改造人間を駆使して戦う真人は、一般人を戦闘に巻き込むことで、虎杖の肉体のみならず精神にもダメージを与えようとします。

実は真人は二人に分裂しており、虎杖と戦っているのはその片割れでした。

もう一方の真人は地上で釘崎と遭遇し、戦闘を開始します。

釘崎は「かんざし」を駆使して戦うものの、真人に決定打を与えられません。

一方、真人釘崎虎杖と親しいことを見抜き、釘崎の死体を晒すことで虎杖の魂を折ろうと画策していたのでした。

呪術廻戦122話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】122話あらすじ・ネタバレ【真人戦ラウンド2、釘崎の参戦】

続きを見る

呪術廻戦123話のあらすじ・ネタバレ

追い詰められる虎杖

真人は前話に引き続き、駅構内に残る一般人を躊躇なく巻き込みながら、虎杖から逃げ回ります。

「もうちょい陀艮だごんに人間残してもらえば良かったかな」と考えながら、近辺にいた3人の男女を串刺しにし虎杖へと投げつける真人

虎杖はもろとも吹き飛ばされながらも、彼らの身を案じます。

しかし、彼らは既に改造人間と化していました。

目の前で破裂した改造人間の返り血が顔に直撃したことで、虎杖は一時的に視界を失ってしまいます。

隙だらけになってしまった虎杖の背後から、真人が襲いかかります。

届かない釘崎の攻撃

場面は、釘崎と分身真人の戦いへと移ります。

真人の能力を事前に知らされていた釘崎は、真人の両手に触れないように警戒しながら立ち回ります。

しかし、分身の真人は、実際は自身の形を変えることしか出来ず、改造人間を作ったり他者の魂に干渉する力は持っていません。

釘崎は無意味に神経をすり減らしながら戦っていることになります。

虎杖と違い魂を攻撃する手段を持たないはずの釘崎に対しては、真人は自身の身体をダイナミックに変形させる攻撃を繰り出します。

一方、釘崎は釘を放つものの全くダメージを与えられません。

「効かないんだって知ってんでしょ?」と煽る真人に、釘崎「分かっててもやんなきゃなんねぇ時があんだよ」と返しました。

釘崎の逆襲

効かないと言われても、釘崎は釘を放つことをやめません。

またしても軽々と避けられてしまいましたが、ここで釘崎は、突然真人の頭上にある屋根に登ります。

そして、そこから釘を一本落とし「かんざし」を発動すると、登ったばかりの屋根の上から飛び降りました。

真人釘崎の不可解な動きに、困惑を隠せません。

すると、釘崎は再び「かんざし」を発動します。

今度は地面に散らばっていた大量の釘が、真人の身体を貫きました。

どうやら一度目の「かんざし」の衝撃で地面に落ちていた釘を上向きにしていたようです。

しかし、有効打になりえないことには変わりなく、真人は余裕の表情を見せます。

対する釘崎は、真人の上に飛び乗ると、真人の頭部に狙いを定め、「ずっと考えてんだ。アンタの術式聞いた時からコレは効くんじゃないかって。」と言います。

先程の「分かっててもやんなきゃなんねぇ時があんだよ」というセリフは、無策を装うためのブラフでした。

釘崎真人の額に釘を打ち込み、共鳴り」を発動します。

真人の天敵

釘崎が「共鳴り」を発動すると、突如虎杖と戦っている真人が吐血します。

これにより、窮地に陥っていた虎杖は態勢を立て直しました。

虎杖は、これが釘崎術式によるものだと察知します。

釘崎は「共鳴り」で真人の肉体を通して魂を打ち抜こうとしましたが、結果的に分身を通して本体の魂を捉えることになりました。

そして、本体が受けたダメージは釘崎が戦っている分身にもフィードバックされる形で両者にダメージを与えました。

真人は、自身の天敵は虎杖悠仁だけでは無かった、と認識します。

そして、釘崎の側も、遂に自身が対峙している真人の正体に迫ります。

自身の魔力が離れたところで爆ぜた感覚や真人自身の呪力の圧が中途半端であること、また釘崎に積極的に触れようとしない真人の動きから、釘崎は、目の前にいるのが分身で術式を使えないことを見事言い当てました。

真人は笑みを浮かべ、「正解」と答えるのでした。

呪術廻戦123話の登場キャラクター

呪術廻戦123話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

123話登場キャラクター

呪術廻戦123話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦123話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
釘崎野薔薇 かんざし
釘崎野薔薇 共鳴りともなり

次回のあらすじ

呪術廻戦124話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】124話あらすじ・ネタバレ【真人戦も終盤へ、釘崎の過去編突入】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ