あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】114話あらすじ・ネタバレ【夏油一派、現る】

呪術廻戦114話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦114話渋谷事変32(しぶやじへん32)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

甚爾(とうじ)と対峙した恵(めぐみ)は、長引くほど不利と考え、短期決戦に持ち込みます。

渋谷に傷を治せる術師、家入硝子(いえいりしょうこ)が来ていることを生かし、捨て身の攻撃に出ました。

しかし、恵の決死の攻撃でさえも、甚爾はかわしてしまいます

その時、甚爾は突然、生前の記憶を思い出し、今戦っている相手が自分の息子である、ということに気が付きました。

そして、恵が禪院(ぜんいん)家に売られなかったことを確認すると、自害してしまうのでした。

呪術廻戦113話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】113話あらすじ・ネタバレ【伏黒vs甚爾、まさかの決着】

続きを見る

呪術廻戦114話のあらすじ・ネタバレ

満身創痍(まんしんそうい)の恵に、重面が強襲!!

出典:呪術廻戦114話より

自死した甚爾の死体は、降霊術(こうれいじゅつ)の効果が切れ、オガミ婆(ばば)の孫の姿へと変わりました。

自害したことも含め、状況が理解できない恵ですが、傷を硝子(しょうこ)に治してもらい、真希たちの無事を確認するため、その場を離れようとします。

しかし、その瞬間、背後から新たな呪詛師重面春太(しげもはるた)に切りかかられてしまうのでした

パンダと日下部の目の前に現れたのは…

出典:呪術廻戦114話より

一方その頃、パンダ日下部(くさかべ)は、渋谷ストリーム前を調べていました。

狗巻のおかげで一般人の避難は済んだし、五条のいる副都心線地下5階に行こう、というパンダに対し、「今まさにこの瞬間 渋谷の片隅で震えている命があるかも分からん」と答える日下部でしたが、本心は違うようです。

ポイント

  • 日下部死にたくないため、絶対に地下5階には行きたくない
  • さらに今の渋谷で一人になりたくないため、パンダが一人で地下5階に向かうのも避けたい
  • パンダは渋谷の土地勘がないため、迷ったフリをして時間を潰したい

そんな2人の目の前に、夏油一派の呪詛師バンダナの男(仮称)とスリムドレスの女(仮称)が現れたのでした。

夏油一派の思いとは

出典:呪術廻戦114話より

2人の回想に入り、夏油一派が集まっている場面に移ります。

バンダナの男は、偽夏油に協力する旨を菜々子美々子に話します。

バンダナの男の話

  • 五条が行方不明になり、世が混沌に堕ちれば、割を喰うのは非術師たちである
  • 非術師さるは淘汰されて術師は増え、呪霊は消えていく
  • それは夏油が望んだ世界であるため、夏油に協力する
  • それが遺志を継ぐということである

話を聞き終えた菜々子は、大好きな夏油の肉体を弄ばれて黙っていられるか、と反対しますが、スリムドレスの女にたしなめられてしまいます。

それを聞いてキレた菜々子は、スマホを構えて攻撃しようとしますが、ラルゥが「えぇいっっ!!!!」と言ってその場を収めます。

ラルゥは続けて、夏油が一番望んでいないのは自分たちが傷つけ合うことだ、各々やりたいようにやりなさい、と話します。

自分はどうしたいのか、と菜々子に問われたラルゥは、自分はただ夏油を王にしたかっただけなので、どちらにも付かない、と答えます。

そして、「私たちは家族 いつかまたどこかで一緒にご飯を食べるのよ」と言って締めるのでした。

呪術師vs呪詛師、開戦!と思いきや…!?

出典:呪術廻戦114話より

回想が終わり、スリムドレスの女は、投降の有無を日下部に問いました

日下部は、相手の力量が自分より下であると判断し、「時間いっぱい適当にいなして 特級呪霊の相手はせずにのらりくらりといこう」と考えます。

そして、「シン・陰流 居合『夕月(ゆうづき)』」の構えを取り、戦闘が始まろうとしました。

その時、バンダナの男の背後の建物が激しく爆発し、ゲラゲラゲラという笑い声が聞こえてきました。

驚いた4人の目に入ったのは、吹き飛ばされて白目を向いた漏瑚(じょうご)と、「そんなものか!?呪霊!!!」と叫ぶ宿儺すくなの姿でした。

呪術廻戦114話の登場キャラクター

呪術廻戦114話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

114話登場キャラクター

呪術廻戦114話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦114話に登場した呪術は以下の通りです。

 

使用者 呪術(術式)
日下部篤也 シン・陰流 居合「夕月シン・かげりゅう いあい「ゆうづき」

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ