あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】108話あらすじ・ネタバレ【陀艮の領域に伏黒登場】

呪術廻戦108話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦108話渋谷事変㉖(しぶやじへん㉖)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

陀艮(だごん)は、大量の水で三人を押し流そうとします。

七海・真希・直昆人は次々と攻撃を繰り出しますが、水の防壁に守られる陀艮に攻撃は効いていません。

七海たちは速さで潰すことにします。

直昆人は三人の中でも早く、陀艮も直昆人の速さにはついていけませんでした。

しかし、陀艮は領域展開を成功させ、直昆人達を領域内に引き込むのでした

呪術廻戦108話のあらすじ・ネタバレ

秘伝【落花(らっか)の情】

陀艮の領域展開「蕩蘊平線(たううんへいせん)」に七海・真希・直昆人は引き込まれます。

領域に入った時、気づかないうちに、真希と七海は陀艮の式神の魚によって、攻撃を受けていたのです。

出典:呪術廻戦108話より

2人が負傷する中、直昆人は【落花(らっか)の情】で身を守っていました。

秘伝【落花の情】とは

  • 御三家に伝わる対領域の術(すべ)
  • 簡易領域のように自ら領域を展開はしない
  • 必中の術式が発動し、触れた瞬間カウンターで呪力を解放し身を守る

出典:呪術廻戦108話より

陀艮の術式解放

陀艮は直昆人と七海に7:3の力で調整し、術式を解放することにしました。

陀艮は術式解放をし【死累累湧軍(しるるゆうぐん)】で魚の式神を多く呼び出します。

出典:呪術廻戦108話より

この状況に七海は真希に式神の攻撃を警戒するように言います。

考えては駄目です。触れられたと感じたら、片っ端から叩き落して下さい!!ほとんど呪力のないアナタにはそれしか」と真希に警戒するように伝えた瞬間、七海は式神の魚に嚙みつかれてしまいました

出典:呪術廻戦108話より

直昆人も式神に噛みつかれる

一方直昆人は【落花の情】にて身を守っていましたが、この状況を「マズいな・・・」と感じていました。

式神の勢いが一向に衰えないこの状況に、この領域の付与された術式を考えていました。

直昆人は魚の式神で視界が狭くなっている状況で、顔面に陀艮の拳を喰らってしまいます。

海は万物(ばんぶつ)の生命の源」と陀艮は言い、直昆人は魚の式神に噛みつかれてしまいます

【死累累湧軍】は際限(さいげん)なく湧き出る式神だ」と陀艮は次に真希を狙い、真希も魚の式神に噛みつかれてしまいます。

陀艮は真希を「弱い、オマエが一番・・・!」と評価し、真希に蹴りを喰らわせ、吹き飛ばしてしまいます。

出典:呪術廻戦108話より

ピンチを救う伏黒

陀艮の蹴りを呪具で防いだ時に、真希の呪具は折れてしまいます。

弱ぇって言うならよぉ、一撃で殺せやタコ助!!」と、真希は陀艮に立ち向かいます。

真希は「クソ!しくった!先に恵と合流しとくべきだった!いや、そもそも持ち出し許可なんて待たずに私が・・・!!」と内心焦っていました。

陀艮は「ならばオマエも二人のように、喰い尽くしてやる」と真希にまたピンチが訪(おとず)れます。

その瞬間、伏黒が領域展開【嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)】で領域内に侵入してきたのです。

出典:呪術廻戦108話より

伏黒は真希に向かい、影で呪具を届けます。

恵!!オマエって奴は本当にクソ生意気後な後輩だよ・・・!!」と言ってその呪具を受け取ります。

伏黒が真希に届けたのは、特級呪具【游雲(ゆううん)】だったのです。

真希は【游雲】を手に持ち、陀艮に立ち向かうのでした。

出典:呪術廻戦108話より

呪術廻戦108話の登場キャラクター

呪術廻戦108話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

108話登場キャラクター

  • 七海健人(ななみけんと)
  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 禪院直昆人(ぜんいんなおびと)
  • 伏黒恵(ふしぐろめぐみ)
  • 陀艮(だごん)

呪術廻戦108話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦108話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
陀艮 領域展開「蕩蘊平線」りょういきてんかい「たううんへいせん」
陀艮 死累累湧軍しるるゆうぐん
禪院直昆人 秘伝「落花の情」ひでん「らっかのじょう」
伏黒恵 嵌合暗翳庭かんごうあんえいてい

次回のあらすじ

呪術廻戦109話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】109話あらすじ・ネタバレ【伏黒の作戦】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-