あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】107話あらすじ・ネタバレ【陀艮・領域展開発動!】

呪術廻戦107話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦107話渋谷事変㉕(しぶやじへん㉕)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

脹相は存在しない記憶が溢れ出し、混乱します。

その記憶の中では、虎杖が脹相のことを兄と慕っていました。

七海は直昆人と真希と合流します。

そこに一体の呪霊が現れます。

直昆人の素早い攻撃により、一発攻撃を与えることに成功します。

しかし、その呪霊はまだ受胎であり、花御の死を思い出し覚醒するのでした

呪術廻戦107話のあらすじ・ネタバレ

呪霊の名前は陀艮(だごん)

覚醒した呪霊は、大量の水を流出し、七海・真希・直昆人を押し流そうとします。

真希はこの水量を見て、伏黒の【満象(ばんしょう)】の比ではないことを感じます。

出典:呪術廻戦107話より

直昆人は呪霊に「呪霊よ、アニメーションが1秒に何フレームあるか知っているか?」と問いかけます。

呪霊は「呪霊ではない。私は陀艮(だごん)。花御(はなみ)、漏瑚(じょうご)・真人(まひと)にも、我々には名前があるのだ!」と怒ります。

直昆人は、陀艮の話など聞いておらず、「昨今の解像度やフレームレートを上げたがる風潮。4K(ケー)やら60fps(エフピーエス)やら無粋だとは思わんか!」と笑い、戦いを楽しんでいるようでした。

出典:呪術廻戦107話より

水の防壁

七海は、陀艮に斬りかかりますが、防御されてしまいます。

真希も陀艮に攻撃しますが、呪具(じゅぐ)を掴まれてしまうピンチに陥(おちい)ります。

しかし、後ろから直昆人がまた陀艮をモニターの中に閉じ込めることに成功し、結果真希は助かります。

出典:呪術廻戦107話より

七海はモニターに閉じ込められた陀艮に、一撃決めようとしますが、また防がれてしまいます。

陀艮の周りには、陀艮を守るように水が渦巻いていました。

出典:呪術廻戦107話より

この状況に七海は、「ダメージなし・・・というよりHP(ヒットポイント)が果てしない」とため息を吐きます。

直昆人は「1級が2人も揃って祓えんとは、由々(ゆゆ)しき事態だ」と笑っていました。

一方真希は、先ほど殺されそうな場面で、直昆人に助けられた状況を思い出し、「恥だ・・・!」とイラいている様でした。

直昆人は陀艮の水の防壁に、「同時に大技は出せるのか?呪力過多、術式もまだまだ手数がある。ならばどうする?簡単だ。技を出す前に速度で潰す!!」と三人は一斉に攻撃を開始します。

出典:呪術廻戦107話より

出典:呪術廻戦107話より

直昆人の高速の攻撃

三人に一斉に攻撃をされている陀艮は「ありえん!」と飛び上がり、上に滞空(たいくう)し攻撃を繰り出そうとします。

しかし陀艮より上にジャンプしていたのは、直昆人でした。

滞空できるんだもんなぁ。俺でも上に逃げる」と言って、陀艮を殴り飛ばします。

出典:呪術廻戦107話より

直昆人は陀艮に次々と攻撃を与えていきます。

陀艮も一方的に攻撃を与えられているこの状況では、術式を発動出来ません。

陀艮は「早い!恐らく漏瑚よりも!」と直昆人の速さに翻弄(ほんろう)されていました。

直昆人は陀艮が術式を使おうとしたところを、高速で殴り阻止しようとしました。

出典:呪術廻戦107話より

陀艮・領域展開

陀艮の腹部にジワリと紋様(もんよう)が浮き上がってきました。

そして陀艮は「領域展開」を発動させます。

直昆人の目の前には、南国の浜辺が現れ、陀艮の領域内に引き込まれるのでした。

出典:呪術廻戦107話より

呪術廻戦107話の登場キャラクター

呪術廻戦107話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

107話登場キャラクター

  • 七海健人(ななみけんと)
  • 禪院真希(ぜんいんまき)
  • 禪院直昆人(ぜんいんなおびと)
  • 陀艮(だごん)

次回のあらすじ

呪術廻戦108話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】108話あらすじ・ネタバレ【陀艮の領域に伏黒登場】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-