あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】105話あらすじ・ネタバレ【虎杖敗れる】

呪術廻戦105話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦105話渋谷事変㉓(しぶやじへん㉓)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

虎杖メカ丸のアイデアにより、トイレに逃げ込みました。

メカ丸の挑発により、脹相をトイレに誘い込むことに成功します。

メカ丸は再度挑発しますが、脹相に破壊されてしまいました。

虎杖はトイレの水道管を破壊し、スプリンクラーも作動させ、脹相百斂(びゃくれん)を破壊することに成功します。

虎杖が勝利を確信した時、脹相が手に持っていた強化された血の塊に、虎杖は肝臓を射抜かれるのでした。

呪術廻戦104話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】104話あらすじ・ネタバレ【メカ丸の作戦】

続きを見る

呪術廻戦105話のあらすじ・ネタバレ

虎杖の役割

脹相虎杖に放ったのは赤血操術血星磊せっけつそうじゅつ「けっせいせき」という技だったのです。

出典:呪術廻戦105話より

この攻撃を食らった虎杖は、「油断した!もう飛び道具はないと!何だどこをやられた!?壊れちゃいけない臓器(ところ)が壊れた!」と肝臓へのダメージで、死への恐怖が襲ってきます

しかし虎杖は、倒れることなく踏ん張り、脹相に立ち向かおうとします。

虎杖はこの時、「理解した。俺の役割」と恐怖を呪力へ変え、雑念を振り払います。

伏黒釘崎が、ナナミンが、先輩達も皆。ここを通って、五条先生の所へ行ける様。死んでもコイツを戦闘不能にする。五条先生を助けるのは、俺じゃなくてもいい」と虎杖の役割を考えるのでした。

出典:呪術廻戦105話より

脹相の考えるリスク

脹相はこの戦闘で、虎杖からガードしたものを除いて、三発の攻撃を喰らっています。

その攻撃は、確実に脹相にダメージを与えており、脹相は痛みに耐えていました。

先ほど、虎杖の肝臓を貫いた技血星磊(けっせいせき)」は、「穿血(せんけつ)」程の速度も威力もなく、不意打ちでなければ、貫通させることなど出来なかったのです。

脹相は、右腕を血液で硬化させて、「来い」と虎杖と決着を着けるために構えます。

出典:呪術廻戦105話より

赤血操術は、通常血液を凝固させません。

赤血操術の術師といえど、すべての血管に意識が届くわけではないのです。

血液を強く凝固させると、突発的な血栓症(けっせんしょう)リスクを抱えることになります。

しかし脹相にとって、【虎杖悠仁】というリスクの方が、遥かに大きいと判断するのでした。

互角の戦い

血栓症のリスクを持ち、脹相は右腕を硬化させて、接近戦へと持ち込みます。

冷静に脹相の攻撃が来る方向を当てつつ防御していき、虎杖はトイレの個室に入り、カギを閉めます。

出典:呪術廻戦105話より

虎杖のこの行動に脹相は、扉の前に行ったところで不思議に思います。

その瞬間、虎杖は扉を蹴破って脹相の顔面に蹴りを入れます。

出典:呪術廻戦105話より

脹相は、ギリギリのところで硬化した右腕で虎杖の蹴りを防ぎました。

虎杖は、攻撃の手を緩めることなく攻撃し、脹相の態勢を崩し、起き上がったところを虎杖は右の拳で殴りにいきます。

脹相虎杖の拳を防ぎますが、これは虎杖の作戦でした。

虎杖は初手以外左の拳を使用しておらず、右の拳を囮(おとり)にし、左の拳で脹相の左脇腹(わきばら)に攻撃しました。

しかし虎杖は、この攻撃に手ごたえを感じることは出来なかったのです。

出典:呪術廻戦105話より

虎杖敗れる

攻撃の手ごたえの無さに戸惑う虎杖に、脹相は硬化した右腕で虎杖の右肩を殴り、さらに腹部にも一発攻撃し虎杖を吹っ飛ばします

出典:呪術廻戦105話より

虎杖は吐血し、意識を失ってします。

脹相は右腕の硬化だけでなく、右脇腹も硬化させていたのです

存在しない記憶

まだ生きている虎杖をみて脹相は「まだ息があるな。あの世で弟達に詫びろ」と止めを刺そうとします。

その時、突如脹相の脳内に【存在しない記憶】が溢れ出したのです。

出典:呪術廻戦105話より

呪術廻戦105話の登場キャラクター

呪術廻戦105話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

105話登場キャラクター

呪術廻戦105話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦105話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
脹相 血星磊けっせいせき

次回のあらすじ

呪術廻戦106話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】106話あらすじ・ネタバレ【禪院家当主・直昆人登場!】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ