あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】103話あらすじ・ネタバレ【虎杖VS脹相】

呪術廻戦103話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦103話渋谷事変㉑(じぶやじへん㉑)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。
ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

脹相は虎杖から弟達が死ぬ前に、泣いていたと聞き、弟達を想い怒りを滲ませました。

冥冥は、疱瘡神(ほうそうがみ)の領域展開のなか、憂憂に必中術式の標的を移すことにします。

作戦は成功し、黒鳥操術「神風(バードストライク)」にて、疱瘡神を冥冥は撃破します。

そして冥冥は憂憂と多くの烏と共に、夏油の元へ行くのでした。

夏油は不敵な笑みを浮かべて冥冥たちの前にまた現れるのでした。

呪術廻戦103話のあらすじ・ネタバレ

穿血(せんけつ)の攻略

虎杖は、脹相の穿血の攻略する方法を考えていました。

脹相は虎杖と距離をとり、穿血をいつでも打てるようにしていました。

クソ!また距離とられちまった。あの血のビームは早すぎる。回避率は五分。勘がハズれて頭にでもくらえば死ぬ!」と穿血のことを虎杖は警戒します。

そこで虎杖は、穿血の発射タイミングの主導権を握るために、ジャンプするのでした。

出典:呪術廻戦103話より

脹相も「地から足を離すか・・・誘っているな。いいだろう」と虎杖の思惑を分かった上で、虎杖が地に足を着く前に穿血を頭部目掛けて、放つのでした。

虎杖は、額に掠(かす)りはしたものの、避けて一気に間合いを詰めていきます。

出典:呪術廻戦103話より

脹相は「よく避けたな。だが!」と再度攻撃しますが、避けられます。

虎杖は穿血が早いのは最初だけであり、一度避ければ、軌道(きどう)を流されても詰められると発見します。

そして一気に殴り合いに持ち込もうと虎杖はするのでした。

脹相の新たな技「超新星」

殴り合いに持ち込もうとした虎杖でしたが、背後に圧縮した【百斂(びゃくれん)】が迫っていました。

脹相が「超新星(ちょうしんせい)」と唱えれば、虎杖の背中に攻撃を与えるのでした。

出典:呪術廻戦103話より

赤血操術「超新星」とは「百斂」で圧縮した血液を解放し、全方位から散弾のように打つ抜く技です。

脹相は攻撃の手を緩めることはなく、圧縮した血液をナイフの様な刃物に形を変え、虎杖の足を刺していきます。

しかし、虎杖は刺された足で、脹相を蹴り返していきます。

出典:呪術廻戦103話より

脹相のフェイント

虎杖は脹相との戦いの中で「ビームを出す前の血の玉!あれを作らせない!」と、距離を取られないように接近戦で戦っていこうとします。

しかし、脹相は脹手を合わせて【百斂】の構えをします。

脹相の構えを見て、虎杖は「玉なしでも撃てんのか!?いやまだ残って」と足を止めようとします。

脹相の構えは、フェイントですぐに虎杖に殴り掛かります。

出典:呪術廻戦103話より

フェイントに驚く虎杖を、脹相は【赤鱗躍動(せきりんやくどう)】を発動させ、一気に攻撃を与えていきます。

壁に虎杖の頭を打ち付け、態勢を立て直した虎杖を、脹相は穿血を近距離で放つのでした。

出典:呪術廻戦103話より

メカ丸再起動

圧縮の足りなかった穿血は、虎杖の腹部に当たりましたが、体を貫くほどではありませんでした。

虎杖は脹相の強さを改めて思い知っているところに、聞き覚えのある声が聞こえてきました。

「オイ!オイ!どういう状況ダ!?」と小さなメカ丸がまた現れたのです。

出典:呪術廻戦103話より

呪術廻戦103話の登場キャラクター

呪術廻戦103話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

103話登場キャラクター

  • 虎杖悠仁(いたどりゆうじ)
  • 脹相(ちょうそう)
  • 究極メカ丸(あるてぃめっとめかまる)

呪術廻戦103話に登場した呪術(術式)

呪術廻戦103話に登場した呪術は以下の通りです。

使用者 呪術(術式)
脹相 百斂びゃくれん
脹相 穿血せんけつ
脹相 超新星ちょうしんせい
脹相 赤鱗躍動せきりんやくどう

次回のあらすじ

呪術廻戦104話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】104話あらすじ・ネタバレ【メカ丸の作戦】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ-呪術廻戦ネタバレ・考察サイト-