あらすじ・ネタバレ

【呪術廻戦】100話あらすじ・ネタバレ【七海、呪詛師を撃破】

呪術廻戦100話のあらすじ・ネタバレ

呪術廻戦100話東京事変⑱(とうきょうじへん⑱)』の、あらすじ・ネタバレ記事となります。

ネタバレOKな人のみ、以下の内容をお読みください

前回のあらすじ

伊地知が襲われ、倒れているところを発見した七海は「ナメやがって」と怒りを露わにします。

真希は、釘崎から伊地知が襲われたことを、釘崎補助監督の新田から報告を受け、釘崎たちに伊地知の所へ行くよう指示します。

呪詛師に対し、釘崎は新田を先に行かせて戦いますが、呪詛師の使う剣は、手から離れても浮遊し自由に動き、新田と釘崎を攻撃します。

新田をさらに痛めつける様に斬りつける呪詛師に怒る釘崎は、呪詛師に立ち向かいます。

そこへ眉間に深くしわを寄せた七海が登場するのでした。

呪術廻戦99話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】99話あらすじ・ネタバレ【釘崎野薔薇VS重面春太(しげも はるた)の戦い】

続きを見る

呪術廻戦100話のあらすじ・ネタバレ

七海登場

呪詛師は、七海の登場に「いいんだっけ。黒じゃないスーツも殺して」と考えます。

七海は何も言わず、呪詛師に向かっていきます。

その七海を見て呪詛師は、「いやいや、状況見てよ。何勝手に動いてんの?女の子の人質・・・アレ!?」と、新田を斬りつけようとします。

しかし新田は、近くのエスカレーターで、上の階へ逃げることに成功していたのです。

逃げちゃった」と残念そうにする呪詛師でしたが、後ろには七海が迫ってきていました。

七海は静かに、「仲間の数と配置は?」と呪詛師に聞きます。

呪詛師七海に斬りかかり、蹴り飛ばそうとします。

しかし七海は、岩のように硬く呪詛師の蹴りも斬撃も効いていませんでした。

蹴り上げた呪詛師の右足を掴み、七海はまた「仲間の数と配置は?」と怒りを滲みさせながら聞くのでした。

出典:呪術廻戦100話より

七海の圧倒的な強さ

七海の問いかけに呪詛師は、「・・・知らな」と言った瞬間、七海術式にて殴り飛ばします.

殴り飛ばされた呪詛師は、足元が覚束おぼつかない中、「死んでた!俺の術式がなければ死んでいた!」と七海の強さに驚き、逃亡しようと考えます。

しかし、七海はまた「仲間の数と配置は?」と聞きます。

呪詛師は、知らないと答えようとしますが、また七海に腹部を殴られ、吐血します。

後ろから、呪詛師の剣が七海を斬りつけようと背後から迫ってきますが、釘崎が阻止しました。

釘崎の妨害に、「空気読めよぉ!」と叫びますが、七海呪詛師の首元を掴み、「ここに来るまで、何人もの補助監督が殺されていました。あなたですよね?」と怒りに満ちた七海が問いかけます。

呪詛師は、一瞬笑うも、「ご、ごめんなさ」と謝罪しようとしましたが、七海呪詛師を壁を突き破るくらいに殴り飛ばすのでした。

出典:呪術廻戦100話より

そんな七海の強さを見て、釘崎は「レベルが違う・・・これが一級術師!!」と呆気に取られてしまいます。

呪詛師を撃破した七海は、「新田さんの所へ向かいましょう」といつもの落ち着いた様子に戻るのでした。

渋谷駅に向かう虎杖

虎杖は地上を走って移動中でした。

渋谷駅に向かう途中、多くの人間が呪霊に襲われているところに遭遇します。

出典:呪術廻戦100話より

呪霊の数に驚く虎杖は、「放っとくわけにはいかねぇ!でも全員助ける時間はねぇ!クソ!どうすれば」とこの現状に悩みます。

渋谷駅は目の前にあり、すぐそこに五条がいることを知っている虎杖は、さらに焦るのでした。

狗巻登場

焦る虎杖に「明太子!!」と話しかける人がいたのです。

虎杖は「その語彙は!狗巻先輩!」と気づくと、拡声器を持った狗巻がピースをしながら現れました。

出典:呪術廻戦100話より

虎杖は、狗巻に「頼んます!」とその場を任せることにます。

狗巻は、「しゃけしゃけ」と了承し、拡声器にて「動くな」と渋谷駅前で襲われている人間と呪霊に、呪言師としての実力を発揮するのでした。

22:10 虎杖悠仁 渋谷駅構内へ

脹相は渋谷駅にて、虎杖を待ち構えるのでした。

呪術廻戦100話の登場キャラクター

呪術廻戦100話に登場しているキャラクターは以下の通りです。

100話登場キャラクター

次回のあらすじ

呪術廻戦101話のあらすじ・ネタバレ
【呪術廻戦】101話あらすじ・ネタバレ【冥冥VS疱瘡神】

続きを見る

-あらすじ・ネタバレ

© 2021 じゅじゅナビ